『僕だけがいない街』スピンオフ小説刊行決定!コミック本編の“その後”と真犯人の真意を描く驚愕のオリジナルストーリー

アニメ・マンガ

2016/2/18


 息をもつかせぬ展開、次々と判明する衝撃の事実、一度読み始めたら止まらない作品として、書店員をはじめミステリーファンを虜にしているサスペンスコミック『僕だけがいない街』。累計254万部突破&W映像化で注目を集める人気コミック初のスピンオフ小説、『僕だけがいない街 Another Record』が、2016年3月30日(水)に発売される。

 時を超えた壮絶な追跡の果てに、藤沼悟はついに児童連続誘拐殺人事件の真犯人を追いつめた。犯人は一審で死刑判決を下されるが、発見された「手記」により責任能力が認められないとして、一転して無罪判決となってしまう。検察は即日上告するが、犯人はなぜか無罪を勝ち取った弁護士を罷免する。そして新たに国選弁護人として指名されたのは若き弁護士・小林賢也。彼は悟の親友であり、自身も事件の当事者といえる人物だった。賢也は戸惑いを覚えながらも、手記を通じて犯人の不可解な内面に迫っていこうとするが―。

 コミック本編の“その後”と、真犯人の真意を描く、驚愕のオリジナルストーリー。原作の三部けいも絶賛の、物語の深層に迫る衝撃作になっている。また、電子文芸誌『文芸カドカワ』2015年11月号~2016年3月号では、“真犯人の手記”も先行配信中。小説やマンガと合わせて読めば、楽しさも倍増すること間違いなしだろう。

■『僕だけがいない街 Another Record
原作:三部けい
著:一肇(にのまえ・はじめ)
価格:1,000円(+税)
発売:2016年3月30日(水)予定
発行:KADOKAWA


■『僕だけがいない街』7巻
著:三部けい
価格:580円(+税)
発売日:2015年12月22日(火)
出版社:KADOKAWA