島国日本が生んだ社会構造、ムラ社会。集落に隠された秘密と忍び寄る恐怖!

文芸・カルチャー

2016/3/9

『くちぬい』(坂東眞砂子/集英社)  “常識”とか“普通”とかいうものほど、あいまいなものはないと思う。こうあるべきとか、こういうものだという考えは、その場の環境によって簡単に変わるものだ。そして、人は多くの場合、その環境に長く身を置いているうちに、いとも簡単になじんでしまったりするのだが、時にその環境にどうしてもな... 続きを読む