『金田一少年の事件簿』の原作者が挑む“人類のタブー”

文芸・カルチャー

2011/9/5

亜樹直、天樹征丸など様々な名義で、『金田一少年の事件簿』『神の雫』などの大ヒットコミックの原作を手がける稀代のヒットメーカー・樹林伸(きばやししん)が、新作小説『陽の鳥』(講談社)を上梓。ダ・ヴィンチ7月号でインタビューに応えた。 愛息を事故で亡くした絶望から、ヒト・クローン技術によって、息子を“復活”させた天才科学... 続きを読む