乃木坂46・高山一実による初の長編小説連載がスタート!

エンタメ

2016/4/4

 雑誌『ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日発売)より、女性アイドルグループ・乃木坂46の高山一実による小説連載が隔月でスタートする。タイトルは「トラペジウム」だ。

 2016年1月に初の短編小説「キャリーオーバー」を同誌のオフィシャルサイトで発表した高山一実。サイト内のPV数ランキングで1位を獲得するなど注目を集めた処女作に続く第二作は、城州(じょうしゅう)地方という架空のエリアを舞台にした青春小説だ。

ダ・ヴィンチ』5月号に掲載される第一話は平凡な公立高校、城州東高校に通う高校一年生の主人公・東(あずま)が、海沿いに立地するお嬢様学校・聖南(せいなん)テネリタス女学院に殴りこみをかけるシーンからスタートする。そこで東は、華鳥(かとり)という「お蝶夫人」そっくりの少女と出会い……。

 隔月での連載となる「トラペジウム」だが、第一話では7000字を超える原稿が4ページに渡って掲載されている。しかし主人公の目的はまだ明らかにされておらず、「次の目星はもうついている……高専の女はモテるらしいからね。」という更なる謎を呼ぶラストで締めくくられている。

 はたして主人公の真の目的とは何なのか。現役アイドルの小説と侮るなかれ、新たな才能の登場をぜひチェックしてほしい。

『ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日発売)
発行/株式会社KADOKAWA
価格:730円
特集:おそ松さん/乙一
©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会