読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

高山一実 (乃木坂46)

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たかやま・かずみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

アイドル

「高山一実」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

乃木坂46・高山一実の小説『トラペジウム』ついに20万部突破! 湊かなえ、中村文則、羽田圭介、古市憲寿ら絶賛!

乃木坂46・高山一実の小説『トラペジウム』ついに20万部突破! 湊かなえ、中村文則、羽田圭介、古市憲寿ら絶賛!

平成の最後に名を刻む、大ヒット青春小説が誕生! 文学界絶賛!  乃木坂46の人気メンバー・高山一実による初小説『トラペジウム』が、発売から3カ月を経ずに20万部を突破した。  本作は、現役トップアイドルが、「アイドルを目指す、ある女の子の10年間」について綴った本格長編小説。雑誌『ダ・ヴィンチ』2016年5月号から2018年9月号まで、2年以上にわたって連載され、単行本化にあたり大幅に加筆修正された。

 小説家の湊かなえ、中村文則、羽田圭介に加え、『平成くん、さようなら』(文藝春秋)で芥川賞候補にノミネートされた社会学者の古市憲寿などからも、優れた青春小説として称賛の声が寄せられている。

 昨年11月28日に刊行された『トラペジウム』は、写真集のヒットが相次ぐ乃木坂46関連の書籍ではありながら、購入者特典を付けずに初版2万部からスタート。その後、品切れと重版を繰り返し、20万部を突破した。

  『トラペジウム』あらすじ 高校1年生の東ゆうは、「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。「SNSはやらない」「彼氏は作…

全文を読む

乃木坂46・高山一実の大ヒット小説『トラペジウム』――西野七瀬コメントの「限定帯版」登場! 特製しおりも配布開始

乃木坂46・高山一実の大ヒット小説『トラペジウム』――西野七瀬コメントの「限定帯版」登場! 特製しおりも配布開始

 発売から2か月を待たずして17万部を突破した乃木坂46・高山一実のデビュー小説『トラペジウム』(11月28日発売)。2月7日以降に店頭に到着する6刷り分を対象に、同グループから卒業した西野七瀬のコメントを使用した「限定帯版」が販売される。

 また、同タイミングで北海道から九州まで全国21か所に誕生する「トラペジウム応援書店」(下記リスト)では、作中に登場する東西南北四人の美少女たちのイラスト特大B1パネルが設置されるほか、同キャラクターをあしらったオリジナルしおりを、キャンペーン期間中に『トラペジウム』を購入された方限定で配布する(しおりが無くなり次第、配布終了)。

※しおり配布開始日時は各書店様へお問い合わせ下さい

●キャラクター名 東ゆう ●物語に対応する方位 東 ●書店名 コーチャンフォー美しが丘店/紀伊國屋書店 新宿本店/三省堂書店 有楽町店/八重洲ブックセンター 本店/大垣書店 イオンモールKYOTO店/紀伊國屋書店 梅田本店(計6店舗)

●キャラクター名 大河くるみ ●物語に対応する方位 西 ●書店名 ブックファースト 新宿店/MARUZ…

全文を読む

乃木坂46・高山一実の小説『トラペジウム』の注文が止まらない! デビュー作として超異例の17万部突破!

乃木坂46・高山一実の小説『トラペジウム』の注文が止まらない! デビュー作として超異例の17万部突破!

 乃木坂46・高山一実のデビュー小説『トラペジウム』(11月28日発売)の注文が止まらない。1月7日に5万部の大増刷決定後も、殺到する注文状況を鑑み、さらに4万部の追加重版が決定。発売から2ヶ月を経ずして累計17万4000部に到達した。

「小説を読み慣れない自分でも読みやすく楽しめた」「読書って面白いと知った」など、普段小説に触れることが少ない層からも絶賛の声が次々に寄せられている。読者人口の拡大に一役買っている一方、他の小説にはない“まだ24歳の現役女性アイドルが書いた青春小説のリアリティ”が一般の読書好きの層からも注目され、様々な方面に認知を広げている。

 こうした反響を受け、著者の高山一実本人からコメントが到着した。

執筆中「誰も読んでくれないだろう」と自暴自棄になった期間が確かにありました。 まさかこんなに沢山の方にお読みいただけるとは、感謝の気持ちでいっぱいです。

毎年この季節になると受験生の皆さんからパワーをもらっています。 人生をかけてる人の背中はかっこいいです。 これからも輝く人に憧れ、自分を奮い立たせていきたいです。 高山一実(乃…

全文を読む

乃木坂46・齋藤飛鳥の『トラペジウム』読書感想文

乃木坂46・齋藤飛鳥の『トラペジウム』読書感想文

 眉を下げて笑う。 『トラペジウム』の話をするかずみさん(編注:高山一実)は、いつにも増して早口だった。  この作品を通して私はかずみさんのことを考え、理解し、すべて知り尽くした気になって楽しんでいる。  かずみさんの文章はとても優しい。説明的で分かりやすく、読み手を導く細かな工夫はそう簡単に出来るものではないんじゃないかと思った。  しかしそう感じたとき、同時に気づくことがあったのだ。  読み進めていくと頭に浮かぶ、かずみさんの悪戯っぽい笑顔。  この人いま楽しんでいるぞ。  この人読み手を“グラつかせにきている”な……。  基本的には読み手に委ねてくれる文章の波。時々それに乗れなくなる。私はどうも、それが好きらしい。  小説家としてのプライドを微かに感じるような気がするのだ。いかにこの作品を大事にしているのかがよく分かる。  文章には人となりが表れる。というのが本当だとして、それに当たり前に恐怖を抱くのが齋藤飛鳥だ。  しかし高山一実先生。  貴女はこちら側の人間では無いのやもしれない。もしかすると貴女は、そんな恐怖に出会う必要が無いのやも…

全文を読む

欅坂46・長濱ねるの『トラペジウム』読書感想文

欅坂46・長濱ねるの『トラペジウム』読書感想文

『トラペジウム』、読ませて頂きました。大先輩である高山さんに敬意を表し、自分なりに感想を書かせて頂きます。拙い話し言葉になってしまうこと、ご了承願います。 * 『トラペジウム』、水のようだった。  清く澄んだ混じりけのない水だ。誤解を恐れずに言うと、気取らず美しく“飲みやすい”。  作者の人となり、記憶、出会ったもの見てきたものをたっぷりと含みながら山を下ってきた雪解け水のようだった。  純度の高い水はとてもとても美味しい。読み終えたときに思わず、おかわり!と手を上げてしまう私がいた。 『トラペジウム』、星のようでもあった。  冬の夜空に瞬く透き通った星だ。  深く暗い夜を含んだ星。  綺麗なものを見ているのにどこか悲しく物憂くなる。その中で光を放つ星に我に戻されはっとする。儚さに勇気をもらう。  読み終えたときにまだずっと星空を眺めていたいと思った。  ふふっと思わず声を出してしまうコミカルな場面やひとつひとつの凝った表現、映像が鮮明に目に浮かぶ煌めく疾走感。  見透かされているようでどきっとしたり、ふと、ぽつんとした孤独を感じたり、最後にはど…

全文を読む

乃木坂46・高山一実『トラペジウム』発売から10日で8万部突破! 大ヒットの影響で“書籍用紙自体”が品切れに!

乃木坂46・高山一実『トラペジウム』発売から10日で8万部突破! 大ヒットの影響で“書籍用紙自体”が品切れに!

 11月28日(水)発売の高山一実『トラペジウム』が、4刷8万4000部に到達。発売からわずか10日で初版の4倍超と大きく部数を伸ばしている。Amazon売れ筋ランキング日本文学部門(2018/11/29調べ)、オリコン文芸書ランキング(11月26日~12月2日)に加え、多数の書店ランキングで1位に輝きながらも、驚異的な売れ行きで瞬く間に店頭の在庫が全くなくなるという異例の状況が続いていたが、ついに12月21日以降に、待望の商品が店頭に並ぶ見込みとなっている。

 今回の大部数重版にあたっては年末というタイミングもあり、表紙に使用された用紙の在庫も年内分を使い切るという状況も発生。「本当はもっと刷りたいが、年内の生産力ではこれが限界」との営業担当者の嘆きのとおり、想定外はもとより限界レベルの重版対応となった。

 本書は著者の高山が、読者へ伝えたいメッセージを随所にしのばせた「手紙」というコンセプトのもと、多忙な本業の合間を縫い執筆。そんな著者の想いを本の作りにも反映すべく、「仮フランス装」という封筒のように表紙が折り畳まれた特殊な装丁と、「天アンカッ…

全文を読む

乃木坂46・西野七瀬の『トラペジウム』読書感想文

乃木坂46・西野七瀬の『トラペジウム』読書感想文

「締切がやばい」。

 かずみん(編注:高山一実)が小説の連載を始めてから、何度もこの言葉を耳にしました。同部屋だったホテルで原稿に向かっている姿だったり、仕事終わりにご飯に誘っても「締切があるから……」とストイックに帰ってしまう。だからこそ、やっと初小説を刊行するかずみんを見て、誇らしい気持ちで胸が一杯です。  普段は設定が頭に入ってこなくて、小説はあまり読めないんですが、この作品には没頭できました。それは、主人公の東ゆうちゃんをはじめ、作中に登場する女の子たちのイメージが画として浮かんできたから。読んでいる最中、作者がかずみんであることをすっかり忘れてしまっていました。この作品を書いたのは、プロの作家さんなんだ。そんな思いで読み進めることができたんです。  これはかずみんにも聞いてみたいけれど、どの人物にも乃木坂メンバーの面影がにじんでいるように感じました。目標に向かって一生懸命な東ちゃんには、かずみんの性格が表れているように思います。それに引っ張られる他の女の子たちも、読みながら「あのメンバーのことかな?」なんて想像することができて、すごく楽し…

全文を読む

売切れ続出、「トラペジウム ない」が検索ワードに! 乃木坂46・高山一実『トラペジウム』書店各種ランキングで1位獲得

売切れ続出、「トラペジウム ない」が検索ワードに! 乃木坂46・高山一実『トラペジウム』書店各種ランキングで1位獲得

 11月28日(水)に発売された、乃木坂46・高山一実による初小説『トラペジウム』。乃木坂46から初の小説家デビューとなった同作が、Amazon売れ筋ランキング日本文学部門(2018/11/29調べ)ほか書店各種ランキングで1位を獲得した。

 初版数千部からスタートするものも多い文芸書としては、異例の発売前重版1万部を実施。しかし完売店が続出、Twitterでは「トラペジウム ない」が検索ワードに。急遽、発売日翌日に3刷3万部が決定。累計6万部に到達したが、店着するクリスマス前までは商品が店頭になく、営業担当者も「過去に例がない」と言う状況に。写真集のヒットが相次いでいる乃木坂46メンバーの中で、個人で創作した小説が支持を集めているという稀有な現役女性アイドルが誕生した。

 なお、雑誌『ダ・ヴィンチ』2019年1月号(12月6日発売/KADOKAWA)では本作を特集。高山が小説に込めた思いを語るインタビューに加え、『告白』の湊かなえを筆頭に、芥川賞作家の中村文則、羽田圭介、乃木坂46の盟友・西野七瀬、齋藤飛鳥、欅坂46の長濱ねると、錚々たる面々が同…

全文を読む

「高山一実」のおすすめ記事をもっと見る

「高山一実」の本・小説

高山一実写真集 独白

高山一実写真集 独白

作家
高山一実
嶌村吉祥丸
出版社
徳間書店
発売日
2019-02-26
ISBN
9784198647902
作品情報を見る
トラペジウム

トラペジウム

作家
高山一実
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-28
ISBN
9784040686967
作品情報を見る
高山一実写真集 恋かもしれない

高山一実写真集 恋かもしれない

作家
高山一実
佐藤裕之
出版社
学研プラス
発売日
2016-09-15
ISBN
9784054064744
作品情報を見る
お金がずっと増え続ける 投資のメソッド ---アイドルのわたしでも。

お金がずっと増え続ける 投資のメソッド ---アイドルのわたしでも。

作家
高山一実
奥山 泰全
出版社
PHP研究所
発売日
2017-09-06
ISBN
9784569838663
作品情報を見る

「高山一実」人気の作品ランキングをもっと見る