糸井重里が共感する 「以前から親近感を覚えていた」

文芸・カルチャー

2011/9/5

華美ではなく、絢爛豪華とも違う。しかし、そこにあるのは圧倒的な存在感――『mina perhonen』(ミナ ペルホネン)とはそんなブランドだ。 1995年、皆川明氏によって立ち上げられたmina perhonen(※当事は「ミナ」)は、年々ファンの数を増やしてきた。    「最初の数年間は苦労の連続でしたが、100... 続きを読む