超高齢社会ニッポン、もはや他人事ではない 「認知症」を理解し受け入れるためには

社会

2016/5/10

『認知症の人々が創造する世界(岩波現代文庫)』(阿保順子/岩波書店)  ついにやって来た超高齢社会。元気なお年寄りが増えたのは、日本の食文化と医療技術の進歩の賜物であるが、それと同時に暗い影も落とし始めた。社会保障費は膨らんで若者に負担が強いられ、地方の街の活気は減り、年老いた人々が起こす事件が増えている。タバコのポ... 続きを読む