「想像して」―窪塚洋介、15年前の主演映画『ランドリー』原作本が復刊!泣きたい人にオススメの痛々しいほどの純愛ストーリー

文芸・カルチャー

2016/6/2

『ランドリー(双葉文庫)』(森 淳一/双葉社)  この小説で一番印象的なのは、ところどころで会話に登場する「想像して」という言葉だ。実際にはないこと、ものを想像する。想像することで補う。主人公テルの「想像して」は、とてつもなく深い。  『ランドリー(双葉文庫)』(森 淳一/双葉社)は、「書店員が選んだもう一度読みたい... 続きを読む