死様(しにざま)をテーマにした競作小説シリーズ登場!

文芸・カルチャー

2011/9/5

 「死様(しにざま)」をテーマに、6人の作家が競作する小説シリーズが登場した。     「一分一秒が愛おしい最期の恋を描きました」 こう語る恋愛小説の名手・盛田隆二さんが描いたのは“最期の恋”。タイトルは、『身も心も』(光文社)だ。     「人生の残り時間が迫ってきて、一分一秒を大切にしたいと本当に心の底から思う時... 続きを読む