この恋は不倫か純愛か――武井咲&滝沢秀明出演ドラマ『せいせいするほど、愛してる』にファン期待!

エンタメ

公開日:2016/6/3

    img01

 妻を持つ上司とOLの禁断の恋愛を描いた北川みゆきの人気漫画『せいせいするほど、愛してる』がドラマ化され、2016年7月から放送されることが決定した。武井咲、滝沢秀明といった豪華キャスティングも発表され、原作ファンは「うそ、めっちゃ好きなマンガ!! ドラマ化されるなんて最高!」「キャスト超豪華! 見るしかないじゃん!!」「早く見たくてウズウズするわ」と喜びに堪えないようす。

 2006年から2008年にかけて『プチコミック』にて連載されていた『せいせいするほど、愛してる』。化粧品会社の広報部で働く主人公・栗原未亜は恋人からプロポーズを受けるが、仕事を辞めてほしいという申し入れを受け入れることができず破局。しかし彼がストーカーと化し、会社に乗り込んでくる。そこを助けてくれたのが副社長である三好海里だった。それがきっかけで互いに好意を持つ2人だったが、三好には妻が。2人は禁断の愛へと踏み込んでいく――。

 リアルな自立した女性像を描いた同作に「未亜のバリバリ働く姿が素敵で、ついつい応援したくなっちゃう」「化粧品会社の実態とか人間模様がうかがえて面白い!」「いけない恋だけど未亜の気持ちも海里の気持ちも切ないほどわかるわ~」「登場人物の関係が毎回どうなっていくのかハラハラしながら読みました!」とファンからの熱い声が上がる。

 そして今回、栗原未亜役を武井咲、三好海里役を滝沢秀明というキャスティングでのドラマ化発表に「やばー!!! 武井ちゃんとタッキー!? 美しい2人の禁断の愛とか、ドキドキするぅ~」「ストーカー化した恋人から海里に助けられるあのシーン、タッキーがやるの…!? 鼻血でるわ」「咲ちゃんがバリバリ働いている姿、想像できる!未亜役ハマりそうで楽しみ!」と興奮の声が。

 その他にも未亜の恋人・山下陽太役を高橋光臣が演じ、ライバル会社に勤め、恋愛でも海里と争うことになる宮沢綾役を中村蒼、未亜とルームシェアしているモデルで恋に奔放な美山千明をトリンドル玲奈が。そして、海里の後輩・久野淳志役には民放ドラマレギュラー初出演となる、今最も注目を集める人気若手歌舞伎俳優・中村隼人に決定。脇を固める豪華キャストも見どころの1つとなりそうだ。これには「脇役までどんだけ豪華なのよ!」「美男美女が勢ぞろいで目の保養になりそう」「ドラマ化はやめて…と思ったけどこのキャストなら大賛成です!!!」とこの出演者に原作ファンも納得の様子。

 出演に際して滝沢は「非常に複雑で、障害のある恋愛を描いたドラマですが、それ以上に未亜と海里のピュアな思いに惹かれました。特に、僕の演じる海里は副社長という立場ながら、仕事にも未亜にもまっすぐぶつかっていく男性。その姿勢が、男の僕から見てもカッコ良く憧れます」と、自身が演じる役柄に対しての思い入れをコメント。また武井も「未亜という女の子は本当に純粋で、恋にも仕事にも真っ直ぐ。理想的な女の子だなと思うと同時に、いろいろなことに対して必死にもがいており、同じ20代の女性として共感しながら演じています」「未亜の純粋な想いや、働く女性の輝きなども表現していければと思います」とコメントし、大人の女性を演じる意気込みを見せている。

 さらに原作者の北川は「お話をいただいたときはびっくりしすぎて、しばらくはドッキリかもしれないと思っていました。沢山のキャスト・スタッフの皆さまの手で描かれることを、私も一視聴者として楽しみにしています」と、連載から約10年ごしのドラマ化に驚きと喜びのコメントを寄せた。

 自立した女性が注目される現代に、あらためて注目されることになった禁断の大人の恋愛物語。「7月の放送まで待てない!」という声も多いが、原作を読み返し、タッキーと武井ちゃんで脳内再生させて楽しんでみるのもありかも!?

TVドラマ「せいせいするほど、愛してる」
原作:北川みゆき
出演者:武井咲、滝沢秀明、中村蒼、水沢エレナ、トリンドル玲奈、高橋光臣 ほか
放送開始:2016年7月
放送時間:火曜22:00~
放送局:TBS系
⇒TVドラマ「せいせいするほど、愛してる」公式サイト

■『せいせいするほど、愛してる』1巻
著:北川みゆき
価格:400円(+税)
発売日:2006年10月26日
出版社:小学館