アニメ・マンガ

アッパー? ダウナー? 鬼才はらだの描く陰と陽の新感覚BL『ネガ』&『ポジ』

『ネガ』(はらだ/竹書房)
『ポジ』(はらだ/竹書房

 デビュー以来『恋愛』や『やたもも』、『好きなひとほど』など、個性的な絵柄や世界観、濃厚なセックスシーンが特徴の作品を出してきたはらだ先生。そんな彼女の魅力を凝縮した最新作が6月に2冊同時刊行された。その名も、『ネガ』と『ポジ』(竹書房)だ。

『ポジ』は、とにかくアホでエロでポジティブなストーリーを詰め込んだ短編集。表紙を開くと単行本書き下ろしのあらすじから始まる。その最初の一節がこれ。

「半端ない舌テクの持ち主だと巷を騒がせている通称救世主(メシア)」

 その驚くべき舌テクから、不感症やインポで悩む人々に高額な治療費を請求するという始末。男女問わず片っ端から体の関係になる彼は、しかし“バリバリのタチ専”(注:セックスにおいてリードする側専門)。

 しかし、そんな彼に突然魔の手が現れる。相談にきていた自称ED男に騙され、犯されてしまうのである。抵抗しつつも新しい快感に溺れかける彼と、そんな事態を招いた諸悪の根源の自称ED男、そして一連の黒幕。終始ふざけながらも、妙に疾走感のあるストーリー運びは、さすがはらだ先生である。「ポジ」では、そんなメシアシリーズの他 、老博士とアホ助手のエロティックテクノロジー開発の物語「宇宙のもずく」や、剃毛プレイをするカップルの「変愛 不毛変」など、終始アホエロ満載の濃密なストーリーが紡がれる。

 一方で、はらだ節炸裂ダウナー系のネガティブストーリーを集約したのが『ネガ』だ。

 いつも一緒にいた幼馴染3人組は、しかし一人の恋心が発覚することにより、中学卒業式の日を境に関係が壊れてしまう。

 卒業式前日、男同士のアダルト動画を見せられ、幼馴染に「きもいよな」と言われる少年。その言葉が耳に残っていた彼は、卒業式後もう片方の幼馴染に告白された際に「ホモとかキモイ」と断ってしまう。本意ではなく断ってしまった少年、AVを見せて少年が断るように仕向けた幼馴染、「もしもあのときこうしていれば?」という後悔やむなしさがうずまく。

 幼馴染3人のひりつく関係を描いた「後悔の海」と「スイメンカ」のほか、身体中にピアスを開ける

 男性との恋愛を描く「ピアスホール」や、ニューエイジな渋谷区を舞台にした「リスタート」、女子視点から描いたBL「わたしたちはバイプレイヤー」など、救いがない抉るようなネガティブストーリーの数々。痛々しいのに目を離せずページをめくる手が止まらないのは、鬼才はらだ先生の手腕といったところだろうか。

 どちらの短編集も、奇妙な読後感がある作品ばかりだ。明暗わかれるはらだワールドに、どっぷりと浸かってみてはいかがだろうか。

文=園田菜々



この記事の画像

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ