野原ひろしが旨い昼飯を追い求める『野原ひろし 昼メシの流儀』に共感の声続々「サラリーマンに特にグッとくる飯テロ漫画!」

マンガ・アニメ

2016/11/3

 臼井儀人の大ヒットギャグコミック『クレヨンしんちゃん』。その主人公、野原しんのすけの父親・野原ひろしを主人公とした食マンガ『野原ひろし 昼メシの流儀』の第1巻が2016年10月22日(土)に発売された。この知らせに『クレヨンしんちゃん』ファン、そして意外と高スペックな男・野原ひろしのファンたちは「ついに単行本か! まとめて読めるのはやっぱりうれしい!」と大興奮のようだ。

 同作は、キャラクター原作を臼井とし、パチンコ漫画『パチラッチ』などで特に男性読者から高い評価を受ける塚原洋一によって描かれており、「あの勢いがすごく好きなんだよな」「ぐわ~でお馴染みの塚原先生か! これは期待してしまう」との声が続出。

 家族も知らないひろしの昼飯事情にスポットを当てた同作では、午前中の仕事の疲れを癒し午後の活力にするために、ひろしが旨い飯を追い求める。限られたお小遣いをやりくりしながら、こだわり抜いた男の昼飯の食いざまは「サラリーマンに特にグッとくる飯テロ漫画!」「思わずお腹が空く!」「これは夜にだけは見てはいけないマンガだな」と大好評。

 35歳で2児の父、会社では係長で埼玉県春日部市に庭付き戸建てを持ち、妻は専業主婦。さらには180cmの高身長と隠れたハイスペックさが話題になることも多いひろし。同作ではそんなひろしの『クレヨンしんちゃん』とはまた違う、一人のサラリーマンとしての姿を見れることも魅力のようで「大口の契約獲れたら昼飯豪華にするとか気持ちすごくわかるわ~」「たまにハンバーガー食いたくなる」「近くに座った女子社員の話とか聞いちゃうよな~」と賛同の声も多数寄せられている。

 少ないお小遣いの中でもこだわりをたっぷり感じることのできるひろしの昼飯ライフ。あなたも同作を読んだ後は、時間がないからと雑にお昼ご飯をすませずに、こだわりを持って昼飯に臨んでみたいと思うこと請け合いだ。