【画像あり】犬派必見! 世界の美しい犬101匹大集合♪

暮らし

2016/12/11

 ブルドック、ヨークシャテリア、アフガンハウンドなど、さまざまな種類の犬101匹を、全世界で大人気の写真家、レイチェル・ヘイル・マッケナの写真で紹介する『世界の美しい犬101』が2016年12月9日(金)に発売された。

 ハウンド(狩猟犬)やハーディング(牧畜犬)、ワーキング(使役犬)、スポーティング(銃猟犬)、ノンスポーティング、テリア、トイといった美しい犬たち。写真とあわせて、各犬種の特徴も掲載している。

アフガン・ハウンド

    img02

アフガン・ハウンドは、貴族のように凛としていてどこかとっつきにくい雰囲気もあるが、非常に忠誠心が強く、愛情深い気質をしている。

ジャーマン・シェパード・ドッグ

    img03

忠誠心が高く、勇敢で賢いジャーマン・シェパード・ドッグ(アルザスの者という意味の、アルサシアンと呼ばれることも多い)は、優れた持久力と耐久力に、訓練意欲と労働意欲の高さで有名。

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

    img04

端麗で、優しく知的なバーニーズ・マウンテン・ドッグ。すぐに見分けがつく、トライカラーの長くなめらかな被毛の持ち主だ。

アイリッシュ・セター

    img05

おもしろくて愛情にあふれ、賢く茶目っ気たっぷりのアイリッシュ・セターは、「にぎやかで愉快な」性格だと言われることが多い。鳥猟犬として繁殖され、鷹狩り競技で使われると、たちまちその運動能力を世に知らしめた。

ラブラドール・レトリーバー

    img06

かつてはブラック・ウォーター・ドッグやセント・ジョンズ・ウォーター・ドッグとしても知られていたラブラドール・レトリーバー。カナダのニューファンドランドを起源とし、氷水の海中で、魚網を海岸まで引く仕事に使われていた、泳ぎが得意な犬の血筋を引いている。

チャイニーズ・シャー・ペイ

    img07

見知らぬ人に対してはすぐに気を許さず眼を光らせ、家族に対しては優しく高い忠誠心を示す、チャイニーズ・シャー・ペイ。古くからの犬種で、中国広東省に起源を持つと考えられている。

ブラッドハウンド

    img08

非常に愛情深くてものわかりがよく、思いやりのあるブラッドハウンド。純血を維持するために慎重に繁殖されたため、狩猟対象ではなく、品種の貴族的な性質を反映した「ブラッド(純血)ハウンド」という名前がつけられた。

マルチーズ

    img09

穏やかだけれど遊ぶことも好きなマルチーズは、極めて洗練された、かなり古い歴史を持つ犬で、それは28世紀以上も前の記録に裏付けされている。非常に美しいものとして崇拝されたマルチーズが、重要な犬として称えられていたことが、古代の文学や絵画といったさまざまな作品でも見受けられる。

ゴールデンドゥードル

    img10

愛情たっぷりで誠実なゴールデンドゥードルは、1990年代に北アメリカで誕生したと考えられている。ゴールデン・レトリーバーとプードルの混血、ということからついた名前がゴールデンドゥードルで、ますます人気を博しているキャブードルの大型版として繁殖された。

レオンベルガー

    img11

レイチェル・ヘイル・マッケナ

動物たちの魅力を引き出した、ユニークで美しい写真で数多くのファンを持つ女性写真家。欧米圏を中心に全世界で写真集が発売され、人気を博している。

※掲載内容は変更になる場合があります。