アニメ・マンガ

騙し合い、裏切り…ひとりの少女の死をめぐる、雷夜の朗読会――。犯人は5人の女子高生の中に!? ラストで明らかになる驚愕の真実とは?

 4月1日(土)に全国公開される映画『暗黒女子』。原作は秋吉理香子さんのミステリー小説で、その後味の悪さが話題を集めていた作品だ。いったいどんなストーリーなのか、映画ファンの間でも注目されている同作が、映画公開を前に同名タイトル『暗黒女子 上・下』(秋吉理香子:原作、兄崎ゆな:作画/双葉社)としてコミカライズされた。そこで、一足先にその後味の悪さを確認してみることにしたのだが、いやはや、想像以上だった……。

 舞台となるのは、選りすぐりの令嬢たちが通う聖母女子高等学院の「文学サークル定例会」。会長である澄川小百合の指示で集められたのは、会員である5人の少女たち。二谷美礼、小南あかね、ディアナ・デチェヴァ、古賀園子、高岡志夜。雷鳴が轟く夜に彼女たちが集められた理由、それは前会長である白石いつみの「死の真相」を明らかにするため。親友だった小百合は、いつみ殺しの嫌疑をかけられている5人を集め、その真実を暴こうとしていたのである。

 その方法となるのが、5人それぞれに「いつみの死」をテーマにした自作小説を朗読させること。そうすることで、隠された真実が浮き彫りになるはず。そこに、真犯人につながるヒントがあるはずなのだ。

 しかし、物語はそう簡単には転がらない。5人は自身の小説の中で、犯人と思しき人物を告発する。なんとそれが5人全員バラバラだったのだ。美礼が園子を犯人と指摘したのを発端に、あかねは美礼、ディアナは志夜、園子はディアナ、そして志夜はあかねを犯人だと断定する。いったいこれはどういうことなのか。真犯人は誰なのか――。

 5人が混乱する中、小百合が最後の小説を朗読する。その中で明らかにされる驚愕の真実に、一同、驚きを隠せない。

 しかし、そこで物語は終わらない。最後の最後、小百合が定例会の閉会の挨拶を述べる時、誰も想像できないようなおぞましい現実が明かされる。それはミステリーというよりホラーだ。5人の少女と読者の背筋に冷たいものが走る――。

文=五十嵐 大

今月のおすすめ書籍を紹介中!



この記事の画像

  • 81fW0EK+6rL
  • a14
  • a15
  • a60
  • a61
  • a92
  • a93
  • a14
  • a15

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ