アニメ・マンガ

「ゴロウ・デラックス」大御所漫画家・総集編に反響続々「改めて並べると凄すぎてびびった…」

    img01

    『あしたのジョー』12巻(作:高森朝雄、画:ちばてつや/講談社)

 2017年3月30日(木)の「ゴロウ・デラックス」では、放送7年目突入直前スペシャルとして「大御所漫画家・総集編」が放送された。視聴者からは「この番組とんでもなく凄い漫画家ばっか出演してるな」と驚きの声があがっている。

 今回の総集編では5人の大御所漫画家が登場。まずトップバッターを飾ったのは、147回の放送に登場した『あしたのジョー』でお馴染みの、ちばてつや。この回でちばてつやは即興で直筆ジョーを描いているほか、あのラストシーンについても語っている。

 そして2人目は169回に登場した藤子不二雄(A)。物語の制作秘話などが語られたのだが、この回で話題になったのは何と言っても稲垣吾郎との朗読劇。『笑ゥせぇるすまん』に登場する喪黒福造を藤子自身が演じ、「ドーン!!!!!」という決めゼリフも披露された。

 さらに同番組では、『ゴルゴ13』締め切り直前のさいとう・たかをの仕事場が撮影された他、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載終了直後の秋本治や、『パタリロ!』の魔夜峰央が登場。何度も大御所の漫画家たちを特集してきた同番組には「改めて並べると凄すぎてびびった…」「みんなすごいサービスしてくれるよね! 人として魅力的な人ばかり!」「ちばてつやが『ジョーは死んだのか?』について答えてるの永久保存版じゃない?」との声が相次いでいる。

 また今回の総集編では、本放送でオンエアーされなかった秋本による稲垣の絵も公開。この絵は当時連載開始を控えていた秋本の『BLACK TIGER』に、稲垣を登場させてほしいとアナウンサーの外山惠理が頼み込み実現したもの。この絵は既に掲載されているが、今回の放送で初めて見たという人も多いようで「吾郎ちゃんめっちゃ似てるやんwww さすが秋本先生」「確かに描かれてるけどめっちゃ見つけづらい(笑)」との反響が上がった。放送を見逃したと言う人は、『BLACK TIGER』を読み返して稲垣を探してみてはいかがだろうか。



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ