全世界が騙された! 娼婦の母親、11歳で女装売春、ドラッグ…90年代に大絶賛された“J.T.リロイ”の自伝的青春小説は、妄想癖によるでっち上げだった!

映画

2017/4/18

『サラ、いつわりの祈り』(金原瑞人:訳/アーティストハウス)  90年代後半、カルチャー界の話題をさらったJ.T.リロイといえば、金髪の美少年作家。娼婦の母親のもとに生まれ、母親と客に性的虐待を受ける。11歳で女装売春、14歳でドラッグ、16歳で心を病んで入院……という生い立ちを書いた自伝的小説『サラ、いつわりの祈り... 続きを読む