「もちもち」「ふわとろ」「濃厚」「採れたて」… 知られざる“シズル”の世界

ライフスタイル

2017/8/20

 食品の味わいなどを感覚に訴えて表現する広告用語“シズル”。その世界を「ことば」を手がかりに徹底調査する『シズルのデザイン ~食品パッケージに見るおいしさの言葉とヴィジュアル~』が、2017年8月8日(火)に発売された。

「もちもち」「ふわとろ」「濃厚」「採れたて」…。近年、食品流通の変化やメディアにおける食のコンテンツ化、ソーシャルネットワークの普及により、食べ物をめぐるコミュニケーションで“シズル表現”が大きな役割を果たすようになっている。

    img02.jpg
    img03.jpg

 同書はシズルを表現する言葉(シズルワード)を食感系、味覚系、情報系に区分し、デザイン事務所、メーカー58社による食品パッケージ計254点を分類調査した一冊。シズルのトレンドを一望するチャートや第一線で活躍するデザイナー、フォトグラファーへのインタビューも収録し、先鋭化するシズルの世界をさまざまな角度から探っていく。

    img04.jpg
    img05.jpg

 シズルワードを探るだけでなく、パッケージデザインやデザイナーディレクトリとしても使える同書。おいしさを表現する言葉とビジュアル世界を体験しよう。

    img06.jpg
    img07.jpg

※掲載内容は変更になる場合があります。