分とく山・野﨑洋光さんの新提案!「ご飯はフライパン炊きが一番!」

暮らし

2017/8/18


 ご飯を炊くなら炊飯器より土鍋がいい、いや厚手のホーロー鍋だと色々とご意見がありますが、テレビ等でもおなじみの日本料理店「分とく山」・野﨑洋光さん曰く、「ご飯はフライパン炊きが一番上手に炊けます」とのこと。

その理由は?

○底面が広く、高さがあまりないので米の対流が起きやすい。
○面積が大きいため、土鍋やホーロー鍋よりも加熱ムラが少ない。
○フッ素樹脂加工のフライパンなら、米がつきにくい。

 「早く炊けるわけではありませんが、ちゃんとふっくら炊ける。誰でも上手に炊ける条件がフライパンにはそろっているんです」という野﨑さんに、フライパン炊きの方法を教わりました!

① ボウルに米3合を入れ、たっぷりの水でやさしくもむように洗う。
2~3回水を替えながら洗い、再び水を注いで15分おく。

② 米をざるにあけて水を流し、さらにざるを斜めに傾けて水けをきる。
そのまま約15分おく。

③ フライパンに米を入れ、水550mlを注ぐ。
※フライパンは直径24~26cmのふたつきを使用。3合炊きならこのサイズがベスト!

④ ふたをせずに強火にかけ、沸騰させる。

⑤ 沸騰したら、ふたをして弱めの中火にし、約5分加熱する。

⑥ ふたを取って、菜箸でフライパンの底についた米を取るようにかき混ぜる。
再びふたをし、弱火にして約5分加熱する。

⑦ 火を止めてふたを取り、しゃもじでご飯の上下を返すようにかき混ぜる。
再びふたをして約5分そのままおいて蒸らす。
すぐに食べないときは、ぬれぶきんをかけ、ふたをずらしてかぶせるとよい。
ふっくらご飯がキープできる!

 こうして炊き上がったご飯はさめてももちもち。「おむすびにするのもおすすめですよ」と野﨑さん。新米の季節に向けて、フライパン炊きご飯にチャレンジみては?

調理/野﨑洋光 撮影/キッチンミノル

『くり返し作りたい「フライパン1つで作れるおかず」がギュッと一冊に!』
価格:390円(+税)
出版社:KADOKAWA

<CONTENTS>
PART1 煮ものも揚げものもこれ1つ!フライパンだからできる絶品おかず
PART2 難しいことヌキ!フライパンでほめられごちそう
PART3 手間なし、短時間で完成!フライパンでササッと副菜
PART4 最初から仕上げまでフライパン1つで!ワンパスタ&ご飯
PART5 LIFE相場シェフ直伝!フライパンでナポリ風ピザができた!
PART6 オーブンいらず!型いらず!フライパンスイーツ
コラム1 分とく山 野﨑洋光さんの新提案!ご飯はフライパン炊きが一番!
コラム2 皮もあんも手作りして30分!フライパンで肉まんを作ろう!