両親との歪な関係、イジめられ続けた小・中学校時代、売れていくことへの恐怖…「妖怪ウォッチ」でブレイクした女性アーティストの孤独

エンタメ

2017/10/3

 大人気アニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌で一躍有名になった若き女性アーティストの孤独が明かされた、『黒い小鳥』が2017年10月5日(木)に発売される。

 同書はダンス&ボーカルユニットDream5の元リーダー、重本ことりの初となる書き下ろし自伝本。2006年にデビューして以来、重本は明るく元気いっぱいなキャラでファンから愛され続けている。もちろん重本のキャラは偽りではないが、その陰には誰も知らないもう1人の彼女がいた。

 両親との歪な関係、同級生にイジメを受け続けた小・中学校時代、売れていくことへの恐怖、リーダーという立場への苛立ち、紅白に出場しても得られなかった満足感…。同書ではプライベートと仕事で苦悩する、若き女性アーティストの姿が浮き彫りになっている。

<目次(抜粋)>
幼い頃から「見られたい」と思っていた
小学校時代は両親と話した記憶がない
オーディションに受かった時、初めて見た“父の涙”
合宿の度に人数が減っていく
「天てれ」メンバーの反感を買って…
クラスメイトからいじめを受けた日々
初めての彼氏(?)と過ごした大阪の一夜
私は良いリーダーじゃなかった
「本当は親に愛されていないんじゃないの?」
働いても働いても生活がラクにならない
お客はみんなジバニャン目当て
ブレイク後、周りの態度が急に変わった
紅白出場に喜んでなんていられない
最後のライブになるかもしれない

 いま初めて明かされる人気アーティストの光と影。「明るく元気なことりちゃん」がこれまで誰にも見せてこなかった「黒いことり」とは? 気になる人はぜひ同書を手に取ってみてほしい。

重本ことり(しげもと・ことり)
1996年10月5日生まれ。徳島県出身。Dream5元リーダー。歌手、モデル、声優、女優として幅広く活動する。2006年、エイベックス主催のオーディションに合格しデビュー。2008年4月、NHK教育「天才てれびくんMAX」のてれび戦士となる。その後、「天才てれびくんMAX」の企画によるオーディションで選抜されたメンバーとダンス&ボーカルユニット「Dream5」を結成し、同年11月にCDデビュー。Dream5は、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」のエンディング主題歌「ようかい体操第一」、「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」、さらに「ようかい体操第二」を担当し、いずれも大ヒットした。また、当時から現在まで声優として「妖怪ウォッチ」のUSAピョン役を担当している。2016年末、Dream5活動休止。事務所から独立してソロに。

※掲載内容は変更になる場合があります。