会話下手の人はムダが多い! 10秒でズバッと伝わる話し方

ビジネス

2017/10/11

 徹底的に会話の無駄を省く“ノイズカット8つの手法”を紹介する、『できるサラリーマンは話が短い! 10秒でズバッと伝わる話し方』が2017年9月2日(土)に発売された。

 同書は、2015年の発行以降10,000回のダウンロード数を記録し、「楽天ブックス ビジネス書部門」1位、「Amazon自己啓発書部門」3位を獲得した電子書籍のベストセラー『できるビジネスマンは、話しが短い!』を大幅加筆・再構成したもの。

 電子書籍版に寄せられた「もっと実例がほしい」という読者の意見・要望を反映。著者・桐生稔がビジネススクール講師として体験した、話し下手な人でも“できるビジネスパーソン”へと進化させる会話術「ノイズカット8つの手法」をコーチングしていく。

<ノイズカット8つの手法>
1:無駄な癖をカットする 「ま~、え~、あの~、その~、この~」を削除する手法
2:無駄な主観をカットする 相手が聞きたいことをベースに話す手法
3:無駄なワードをカットする ズバリ質問して一瞬で回答を導き出す手法
4:無駄な表現をカットする 不要な言い回しを捨てて具体的に表現する手法
5:無駄な説明をカットする 例え話で同じ映像を相手の頭につくりだす手法
6:無駄な前置きをカットする 事前に内容を提示して相手に用意してもらう手法
7:無駄な逆説をカットする 反論を別の箱に流し込んで整理する手法
8:無駄な議論をカットする 話す目的から発想する技法

 さまざまなビジネスシーンで対応した「10秒でズバッと伝わる話し方」がマスターできる同書で、日常の会話力をグンと上げよう。

img02

桐生稔(きりゅう・みのる)
株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役社長。日本能力開発推進協会(JADP)認定。メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラー。もともと臆病な性格で、対人関係が非常に苦手。新卒で入社した会社では営業成績がドベで左遷させられることに。しかし、そこから一念発起。コミュニケーションスキルを上げるべく心理学を学び始め、営業成績で全国ナンバーワンとなる。その後、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラー資格を取得。現在は札幌、仙台、さいたま、東京、千葉、横浜、名古屋、大阪、福岡等、全国20会場にてコミュニケーションスキルをトレーニングするビジネススクールを運営。年間5,000名、800本のセミナー・研修を実施し、ビジネスパーソンのための「伝わる話し方」を指導している。

※掲載内容は変更になる場合があります。