オンライン書店が体験型謎解きキャンペーン開催! ~e-honミステリーキャンペーン2017~ 求ム名探偵「怪盗ブックハントと狙われた書店の謎」

文芸・カルチャー

2017/10/16

img01

 2017年10月16日(月)から11月30日(木)にかけて、「~e-honミステリーキャンペーン2017~ 求ム名探偵『怪盗ブックハントと狙われた書店の謎』」が全国約2,000店のe-hon加盟書店で開催される。

 同イベントは、これまでに「消えた書籍の謎を追え!」(2015年春)や、「消えた推理作家の謎を追え!」(2015年秋)、「怪盗ブックハントの奇妙な挑戦状」(2016年秋)が開催され、好評を博した体験型謎解きキャンペーン。今年のキャンペーンのストーリーは、都内の某書店から明治の文豪の直筆原稿が盗まれるという事件が発生、犯人とみられる怪盗ブックハントから犯行状が残されていた… というところから始まる。

 キャンペーンに参加するためには、全国のe-hon加盟店の店頭で事件に関する記事が書かれた「良本新聞(いーほんしんぶん)」を手に入れなければならない。暗号を全て解き、みごと事件を解決した人には先着1,000名にシリアルナンバー入りのオリジナル認定証を贈呈。さらに、本編を解いた人にはエクストラ暗号が用意されており、こちらも解読した人には抽選で100名にオリジナルQUOカードがプレゼントされる。

 今回のキャンペーンには、おなじみの本好(もとよし)警部、怪盗ブックハントに加え、新キャラクターとしてイケメン書店員の読田洋(よみたひろし)が登場して体験型謎解きを盛り上げる。普段なかなか書店に行かないという人も参加してみてはいかが?

■「~e-honミステリーキャンペーン2017~ 求ム名探偵 『怪盗ブックハントと狙われた書店の謎』」
実施期間:2017年10月16日(月)~11月30日(木)
実施場所:全国e-hon加盟書店のうち参加申込店約2,000店舗
企画内容:参加書店店頭で謎と応募要項が記載された「良本新聞」を入手
1.良本新聞に記載された謎を解読
2.キャンペーン特設サイト(捜査本部)へアクセス
3.良本新聞の謎の解答を入力、正解となれば2問目以降に進む
4.全問正解すると、先着1,000名にシリアルナンバー付き認定証を贈呈
5.全問正解者にはエクストラ問題が出題、正解者には抽選で100名にオリジナルQUOカードを贈呈
6.期間終了後、全問題の答えを発表
※企画参加・キャンペーン応募には、e-hon会員登録(無料)が必要
◆特設サイト:http://www1.e-hon.ne.jp/content/cam/2017/nazo.html

※掲載内容は変更になる場合があります。