「エグいシーンも多いからどうアニメ化するのか気になる」『奴隷区』アニメ化決定に期待の声

アニメ・マンガ

2017/10/15

img01
(C)オオイシヒロト 岡田伸一/双葉社・エブリスタ/「奴隷区 僕と23人の奴隷 The Animation」製作委員会

 岡田伸一の大人気作品『奴隷区 僕と23人の奴隷』のアニメ化プロジェクトがスタートした。この知らせにファンからは「おお!! めちゃくちゃ攻めた作品アニメ化するな」「奴隷区のアニメ化はビビった… どんな風になるのか今から楽しみ!」と期待の声が続出している。

 天才的な頭脳も超人的な肉体もいらない、どんな勝負でも勝ちさえすれば相手を奴隷にできる器具“SCM(エスシーエム)”。同作では、偶然にも“SCM”を手にした24人の主人公たちが、欲望のため、復讐のため、それぞれの目的のために壮絶なサバイバルゲームを繰り広げる。

 入れ歯型の器具を装着することで、相手を支配する能力を手に入れた人々のバトルロイヤルを描いた同作は、「ユニークな設定を活かす巧妙な仕組みが最高に面白い!」「実際に奴隷を手にしたことでどんどんのめり込んでいく所に人間の恐ろしさを感じる。続きが気になる作品」「特殊な設定を心理戦・頭脳戦で見事に描いている」と大きな話題に。

 同作のアニメ化プロジェクトは、2017年10月6日深夜に放送されたアニメ「王様ゲーム The Animation」のCM中で発表。原作の岡田は自身のTwitterで、「オオイシ先生、双葉社と関係者の皆さま、そして面白いと言ってくれたりちょっぴり辛口なコメントをしてくれたりしたみんな、ありがとう、ありがとう!」と同作のアニメ化についてコメントしている。

「暴力とかレイプとかエグいシーンも多い奴隷区をどうアニメ化するのか、正直ものすごく気になります」「原作の欲望と闇が入り交じる世界観を再現出来るかどうかがポイントだな」と多くのファンが関心を寄せるアニメ「奴隷区 僕と23人の奴隷」。どのような作品になるのか今から楽しみだ。

■アニメ「奴隷区 僕と23人の奴隷」
原作:岡田伸一
漫画:オオイシヒロト
公式サイト:http://doreiku-anime.com/