アニメ「BORUTO」28話、新たな忍刀七人衆の結成に反響続出

アニメ・マンガ

2017/10/17

 2017年10月11日(水)にアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第28話が放送。この回では新しい“霧隠れの忍刀七人衆”が登場して大きな反響が起こっていた。

 修学旅行で“水の国”にある“霧隠れの里”を訪れているボルトたち。前回までの話で、里の案内人としてボルトと同行しているかぐらが、実は4代目水影の孫であることが判明。恐怖で里を支配していたやぐらの血を引いているうえ、刀を持つと人格が変わってしまうかぐらは自分の生い立ちに負い目を感じていたのだが、ボルトたちと出会ったことで前向きになっていった。

 第28話「宣戦布告」では、かぐらが6代目水影・長十郎から推薦を受け、霧隠れに代々伝わる七本の妖刀の1つである“双刀・ヒラメカレイ”を受け継ぐことに。かぐらはヒラメカレイを手に入れると、すぐさまボルトを呼び出してお礼の言葉を述べる。

 しかしそんな2人の元に干柿屍澄真(ほしがきシズマ)が現れた。今の平和な忍世界を快く思わない屍澄真は、「七人そろえば一国を落とせる」という霧隠れの忍刀七人衆を復活させようと企み、かぐらを仲間に引き入れようとする。

 ボルトは屍澄真に戦いを挑むが、そこへ屍澄真の仲間5人が現れてなすすべのない状況に。すると、過去に屍澄真に恩を受けた経験があるかぐらは、屍澄真を信じる気持ちと、ボルトをその場から逃がしたい気持ちの両方から、屍澄真の仲間になることを受け入れるのだった。

 物語ラストでは、屍澄真とかぐら、仲間の5人が霧隠れの妖刀の目の前へ。新たな“忍刀七人衆”の誕生を告げたこのシーンには「やべーめっちゃワクワクしてきた」「まさか新しい忍刀七人衆が出てくるとは!」「忍刀七人衆再編はホント楽しみ」「この人たちが再不斬の首切り包丁とか鬼鮫の鮫肌を持つのは正直複雑だけど期待はしてる」と大きな反響が。

 次週は、新たな忍刀七人衆による反乱がついに始まる。これから一体どんなバトルが繰り広げられていくのか、目が離せない展開が続きそうだ。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週水曜 17:55~
放送局:テレビ東京系
※リピート放送 テレビ東京系 毎週土曜 7:00~/BSジャパン 毎週火曜 深夜0時58分~
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/