ゴジラが放つ熱線が地球を切り裂く! 映画「GODZILLA 怪獣惑星」本予告解禁で高まるファンの期待!

マンガ

公開日:2017/11/2

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

著:
監修:
出版社:
KADOKAWA
発売日:

 2017年10月24日(火)に、アニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」の本予告が解禁となった。ゴジラが放つ“熱線攻撃”も映し出される映像に、「熱線マジでカッコいいな!!」「ゴジラの咆哮に鳥肌立った」「新しい切り口のゴジラ楽しみ過ぎる」とファンの期待が高まっている。

 同映画で描かれているのは、今よりもはるか先の未来。巨大生物・怪獣とその怪獣をも駆逐する究極の存在・ゴジラに地球を支配された人類は、恒星間移民船・アラトラム号で地球を脱出。しかし20年かけてたどり着いた惑星は人間が生存可能な環境とはいえず、主人公・ハルオを中心とした“地球帰還派”は地球を目指すことを決意。だが辿りついた地球はすでに2万年の歳月が経過しており、ゴジラを頂点とした全く新しい生態系が築かれていた。

 公開された映像はハルオの幼少期のシーンから始まり、建物に向かって突き進むゴジラのシルエットが登場。その後22年後に再び地球に降り立ったハルオは、「ここで引かず、怯えず、命を賭している時点で、もう俺たちは勝者だ!」と仲間を鼓舞しゴジラとの戦闘に挑んでいく。戦闘シーンのバックにはXAIが歌う主題歌「WHITE OUT」が流され、ゴジラが必殺技である熱線を放つシーンも。ファンからは「熱線出すときの音、劇場で聞いたらヤバそう」「攻撃の威力が今までの比じゃないのでは!?」「この青い光線見ると胸が熱くなる!」と興奮の声が続出している。

 映画の公開は11月17日(金)。10月25日(水)には映画のプレストーリーとなる小説『GODZILLA 怪獣黙示録』が発売されているので、映画が待ちきれないという人は是非チェックしてみては?

img01
(C)2017 TOHO CO., LTD.

■映画「GODZILLA 怪獣惑星」
公開:2017年11月17日(金)全国公開
監督:静野孔文・瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄
出演:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、杉田智和、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、三宅健太、堀内賢雄、中井和哉、山路和弘
公式サイト:http://godzilla-anime.com

この記事で紹介した書籍ほか

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

著:
監修:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784041061817