貴重! 青山剛昌の『名探偵コナン』原稿執筆ペン入れ動画に反響続出「何回も見てるけど全然飽きない」

アニメ・マンガ

2017/12/17

img01

 漫画アプリ「サンデーうぇぶり」限定で、青山剛昌が『名探偵コナン』の原稿にペン入れをしている動画を公開。「これは絵を描く人なら見るべき!」「丁寧なペン入れにちょっと感動した」と話題になっている。

 公開されている動画は、青山の仕事場のデスクで撮影されたもの。青山の仕事場にはこれまでにも何度か撮影カメラが入ったことがあるが、原稿執筆中の映像を撮ったのは初の試みとなる。青山がペン入れをしているのは、2017年12月13日(水)発売の『サンデー』3・4合併号に掲載されている原稿の一部。『コナン』シリーズ最大の謎である黒ずくめのトップ、“あの方”の正体が判明するシーンが仕上がっていく様子を確認することが出来る。

 青山はペン入れまでがアナログ、残りの作業はデジタルで行っているため、今回の動画はアナログ作業での最後の仕上げを映したものとなる。青山はペン入れを進めながら、『コナン』や今回のエピソードにまつわる裏話も暴露。軽快なトークと共に歴史的1ページが完成していく様子には、「ペン入れ動画何回も見てるけど全然飽きない」「サクサクと書いてるのに線がめっちゃ綺麗」「喋りながらこんなに丁寧に描けるのさすがです」「やっぱりこの人天才か神だな」と驚きの声が続出した。

「サンデーうぇぶり」限定で購入できる『サンデー』3・4合併号では、青山のインタビューを掲載。『コナン』の今後の展開や“あの方”にも触れた、ここでしか読めない内容になっている。さらに、12月13日(水)限定の予定だった『コナン』全話無料公開が、12月17日(日)までに延長中。これを機に“あの方”にまつわるエピソードを振り返ってみよう。

 “あの方”の正体がわかると同時に、次週から長期休載に入ることが告知された『コナン』。ペン入れ動画には“あの方”の名前がしっかり登場しているので、最新エピソードを読んでからチェックするのがおすすめだ。