累計1億8000万部の人気シリーズ、主人公グレッグのダメっぷりに共感した有名人から応援コメントやダメ日記が続々!

文芸・カルチャー

2017/12/20

『グレッグのダメ日記 にげだしたいよ!』(ジェフ・キニー:著、中井はるの:訳/ポプラ社)

 日本国内累計100万部突破、全世界では45の言語に翻訳され、1億8000万部を記録した大人気シリーズ「グレッグのダメ日記」。12作目となる待望の新刊『グレッグのダメ日記 にげだしたいよ!』(ジェフ・キニー:著、中井はるの:訳/ポプラ社)が発売された。

 この大人気児童書シリーズの主人公は、「お金持ちになりたい! 人気者になりたい! モテたい!」と願っているお調子者だけれども憎めない少年、グレッグ。これまでさまざまな場面でダメダメな行動から周囲を笑わせてきたグレッグが飛び回る今回の舞台は、なんと南の島のリゾート。寒さやストレスから逃れて、癒されたいと思って訪れた南国は、果たして楽園なの? ひどい日焼けをしたり、おなかをこわしたり、危険生物がいたり、と期待していたせっかくのバカンスはめちゃくちゃに…?!

 ダメダメでドタバタ、だけどいつもポジティブなグレッグの活躍談が、たくさんのユニークなイラストを交えて日記形式で展開される。大勢の変わった友達に囲まれた前向きなグレッグの日記を読めば、誰もが笑いと元気をもらえるはず。

 クリスマスシーズンに発売された新作に合わせて、ウド鈴木や鈴木福くん、JOYら大勢の芸能人も、笑いがこみあげるような自分自身のダメ日記や応援コメントを続々寄せている。

ウド鈴木のとんでもないクリスマス・イブのエピソード

鈴木福くんのくすっと笑えるほっとする話

JOYがロケ先で起こしてしまった気まずい失敗談

 その他、皆が知る人気タレントたちのダメっぷりを披露した日記には、子供も大人も思わず噴き出してしまうはず。

 また、新刊の発売に合わせて、皆が知っている有名人のダメ日記を集めた特設ホームページが公開されている。

◆公式ホームページ

 大人も子どもも実際に『グレッグのダメ日記 にげだしたいよ!』を手に取って、自分自身の笑えない失敗談や日々のいろんな物事を、ぜひとも笑い飛ばしてもらいたい。