ベジータが大活躍! アニメ「ドラゴンボール超」ジレンを追い詰める姿が「めっちゃ強いしかっこいい」と話題に

アニメ・マンガ

2018/1/13

 2018年1月7日(日)に放送された「ドラゴンボール超」第122話で、ベジータが驚異的な強さを発揮。意外な奮闘ぶりに歓喜の声があがっている。

 現在アニメでは「宇宙サバイバル編」が放送中で、存亡をかけた宇宙同士のバトルロワイヤルが行われている。これまでの話で既に多くの宇宙が消滅し、残りは圧倒的な強さを誇るジレン擁する第11宇宙、そして孫悟空たちのいる第7宇宙のみになっていた。

 第122話「己の誇りをかけて! ベジータ最強への挑戦!!」では、第7宇宙の生き残りである悟空、ベジータ、孫悟飯、人造人間17号、フリーザが、第11宇宙のジレン、トッポ、ディスポと向き合い、ついに最終決戦が幕を開ける。

 悟空は早々にスーパーサイヤ人ブルーに変身して、一度は敗北したジレンに再挑戦。するとこの2人の戦いにスーパーサイヤ人ブルーのベジータが割り込むことに。しかしジレンはベジータを簡単にいなし、悟空にも凄まじい連打を浴びせていく。

 それでもベジータはすぐに起き上がってジレンに立ち向かうと、ジレンは「しつこいやつだ」と、悟空に浴びせた連打をベジータにも放つ。だがここでベジータはなんとジレンの連打をかわし、「貴様の技は見切った」と強烈なパンチをジレンのお腹に叩き込んだ。

 ベジータのパンチはこれまで表情をほとんど変えることのなかったジレンの顔を歪ませることに成功。そしてベジータはそのままジレンに連打を浴びせていくと、ジレンは防戦一方に。これには破壊神や天使のいる観客席からも驚きの反応が続出。視聴者からは「今日のベジータめっちゃ強いしかっこいい!」「ベジータのこの戦いぶりは完全に悟空を超えている」「どうしたんだ! ベジータが強敵に善戦するなんて!」といった声が。

 しかし最終的には、ベジータの放った渾身のファイナルフラッシュを受けてもジレンは無傷で、逆にベジータはジレンの攻撃で大ダメージを負ってしまった。果たして第7宇宙の戦士はジレンを倒すことができるのだろうか。今後も見逃せない展開が続きそうだ!

■テレビアニメ「ドラゴンボール超」
原作・ストーリー&キャラクター原案:鳥山明
プロデューサー:橋爪駿輝(フジテレビ)、佐川直子(読売広告社)、木戸睦、櫻田博之、高見暁
シリーズディレクター:長峯達也、中村亮太
キャラクターデザイン:山室直儀
制作:フジテレビ、読売広告社、東映アニメーション
放送:フジテレビ他/日曜日 9:00~
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/