密着ショットも! 欅坂46・菅井友香&長濱ねる「マガジン」グラビアにファン大興奮!

エンタメ

2018/1/14

img01.jpg
『週刊少年マガジン』6号(講談社)

 2018年1月10日(水)発売の『週刊少年マガジン』6号では、欅坂46の菅井友香と長濱ねるが表紙&巻頭グラビアに登場。スペシャルロングインタビューも掲載され、「新年からゆかねるのグラビアを拝めるなんてありがたい!」と大好評のようだ。

 表紙に登場した2人は、柔らかそうな生地のニットワンピを着て肩を寄せ合うポーズを披露。表紙をめくるとさらに密着して抱き合う2人が現れ、「やっぱりこの2人は最強だな」「見られるだけで幸せな気持ち」「この距離感にたまらなくドキドキさせられる!」とファンから大興奮の声が上がっている。

 巻頭グラビアではコート姿で仲睦まじい様子の2人や、ニットワンピでラフにくつろいでいるショットが満載。ショートパンツから白い美脚を惜しげもなく晒している1枚には、「思わずガン見してしまった」「これは永久保存版」「美脚が眩しすぎるー!!」と絶賛の声が続出した。

 グラビアには「お互いの好きなところ」を書いた手書きのメッセージも添えられており、長濱は菅井を「優しい」「天然」「最高のシンメ(笑)」などと表現。菅井は長濱に対して「おいしいお店を沢山知っている」「コミュニケーション能力が高い」ところが好きだと褒め、メッセージの最後には「SUPER WOMAN!!」と大きな字で綴っている。スペシャルインタビューでは、2017年に開催された全国ツアーの裏話や、長濱がけやき坂46との兼任から欅坂46専任メンバーになったことについて言及。2人が一番ハードだと感じた仕事などについても振り返っている。

 インタビューは同誌の中ほどにも掲載されており、2ページにわたってプライベートやチームについてたっぷりとトーク。2018年はどんな年にしたいかについても語られているので、是非チェックしておこう。

 1月17日(水)発売の『週刊少年マガジン』7号には、欅坂46から渡邉理佐と小林由依が登場。特別付録として「欅坂46シール」も付いてくるので、次号もファン必見の1冊となりそうだ。