「どうしてこんな所に!?」 断崖にある建築とおどろきの絶景

エンタメ

2018/1/20

 思わず「どうしてこんな所に?」と思ってしまう場所にある建築物を取り上げた、『世界の断崖 おどろきの絶景建築』が2018年1月18日(木)に発売された。

 敵からの侵略を食い止めるため、俗世を離れて神への信仰に没頭するため…。さまざまな理由から、世界中には「なぜそんな所に建てたのか?」と疑問をもってしまうような断崖建築が存在する。同書は、強烈な想像力をかきたてる建築物を解説と合わせて絶景写真で紹介。標高3,894mの高山地帯に建てられたチベットの僧院や、8世紀初めに断崖の中腹に築かれた日本の寺院などをまとめている。

img02
「メテオラ」戦乱の俗世を逃れ、奇岩群の上に神への道を求めた天空の修道院群。

img03
「オルヴィエート」雲の上に浮かぶタイムカプセルのような丘上都市。

img04
「ミラドール・デ・アブランテ」大西洋を見晴らし、崖上の空中を散歩できる見晴台。

img05
「ダンカル・ゴンバ」インド北部の高山地帯にそびえるチベット仏教僧院。

img06
「三佛寺投入堂」断崖につるされた「最も危険な国宝」である断崖寺院。

 信じられない場所に建てられた建築物の姿や歴史を収めた同書。目を奪われる絶景写真とともに読み進めよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。