『あしたのジョー』連載50周年記念展覧会開催にファン歓喜「著者が選ぶ原画とか絶対に観たい…!」

アニメ・マンガ

2018/1/21

img01.jpg
(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社

 連載開始50周年を迎える大人気作品『あしたのジョー』の展覧会「あしたのジョー展」が開催される。この知らせにファンから、「やばい、めちゃくちゃ嬉しい~~!」「もう50年も経つのか! 絶対に観に行きます!!」と喜びの声が続出している。

 身寄りのない風来坊だった矢吹丈が、ボクシングと運命のライバル・力石徹に出会い、プロボクシングで己の生命を燃焼させていく姿を描いた同作。コミックスの累計発行部数は約2000万部、アニメの最高視聴率は31.6%という記録的な数字を残している。

img02.jpg
(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社

 そんな同作の展覧会が、2018月4月28日(土)~5月6日(日)にかけて東京ソラマチで開催される。同展では、ジョーの背中を追うかのような「リングロード」に始まり、著者が選ぶシーンの数々を貴重な原画で展示。懐かしのアニメ資料も多数公開される。さらに連載開始50周年企画・新作アニメ「メガロボクス」の貴重資料や人気作家からのトリビュートも。

 この知らせにファンからは、「著者が選ぶ原画とか絶対に観たい…!」「ジョーの原画とか迫力がヤバそう」「人気作家からのトリビュートイラストとメッセージ気になる! めちゃくちゃすごい人から来てそう」と期待の声が。

 ちばは、自身が選んだ原画の中に下町で暮らす人々を俯瞰で描いたシーンがあることを明かし、「彼らの貧しいけれども温もりのある存在が、梶原さんとボクとのやり取りに潤いを与え、この物語が、半世紀にもわたって皆さんに読み継いでもらえているとしたら、こんなに嬉しいことはありません」とコメントしている。

 誰もが知る名セリフや名シーンが数多く詰め込まれた同作。50周年を迎えた名作の魅力を、同展覧会でぜひ感じてみてはどうだろう。

「あしたのジョー展」
会期:2018年4月28日(土)~5月6日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00~18:00(入場は閉場時間の30分前まで)
会場:東京ソラマチ(R)5F スペース634(東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ)
チケット料金(当日・税金):一般・大学生 1,200円、高校・中学生 800円、小学生以下無料
公式サイト:http://joe-50th.com/exhibition/#wrapper

◆『あしたのジョー』連載50周年記念サイト:http://joe-50th.com/