できる人材がすぐに辞めないために。「ここで働き続けたい」と思われる職場の作り方

ビジネス

2018/2/1

 離職率を下げ、できる人材がすぐに辞めない“定着”マネジメントを紹介する『できる人材がすぐに辞めない職場のつくり方』が、2018年1月25日(木)に発売された。

 今、多くの業種で問題となっている人手不足。特に労働集約型産業に属する企業の人手不足は深刻で、採用しても数カ月で退職、早ければ数日もたないというケースも少なくない。厚生労働省「新規学卒者の離職状況」によると、高卒の39.6%、大卒の32.4%が3年以内に離職。従業員数が29人未満の小規模・零細企業となれば、高卒の30%、大卒の23%が1年で離職しているという。

 人材の定着率の低さについては、求人難の時代になる以前から現場では悩みの種。しかし、新規人材の採用でカバーできていたため、その問題が表面化せずに放置されてきた。今後労働人口が減少していく中、現場における人材不足は経営の根幹を揺るがす大問題になって経営者や現場マネージャーに重くのしかかっていくことだろう。

 同書は、そんな悩みを解消する一冊。どんな時代にも通用する“優秀な人材”の揃え方、育て方、マネジメントの具体策を紹介している。著者自身がかつて経営していた店舗で「従業員の定着率が地区平均の4倍超を実現した」手法や、人材育成コンサルタントとして12年以上にわたって提供・ブラッシュアップしてきた実践ノウハウを伝授していく。

「人事・採用・教育を専門に担う部署がない」「経営者が営業と人材に関する業務を兼務している」といった悩みを抱える会社は、同書の“人材マネジメント”を参考にしてみては?

<目次(抜粋)>
まえがき:「ここでずっと働き続けたい!」と思われる職場はつくれる
第1章:人がすぐに辞める職場が犯す七つの大罪
第2章:人が辞めない職場が実践する五つのマネジメント

(1)定着率が上がる毎日のマネジメント(2)共感マネジメント(3)質問マネジメント(4)失敗克服マネジメント(5)残業しない・させないマネジメント
第3章:辞めない人材を生み出す年間スケジュール
(1)入社直後にやるべきこと(2)入社1週間でやるべきこと(3)入社1カ月でやるべきこと(4)入社半年目でやるべきこと(5)入社1年目にやるべきこと(6)退職するときにやるべきこと
第4章:「女性」に選ばれると“人”が辞めない職場になる
第5章:すぐに辞めない人材を揃えるとっておきの方法
(1)辞めない人材は採用で8割決まる(2)辞めない人材を見抜く面接法(3)これから10年「人」の問題で悩まされないために
人材マネジメントQ&A―現場100人アンケートより
おわりに:人材とお客様が共に集まるホワイト企業を目指そう

img02.jpg

岡本文宏(おかもと・ふみひろ)
メンタルチャージISC研究所代表。一般社団法人エントラストマネージメント協会代表理事。スタッフの“やる気”と“売る気”を一気に上げる商店主専門ビジネスコーチ。アパレル専門店チェーン勤務、セブンイレブンFC店経営を経て2005年メンタルチャージISC研究所を設立。延べ250社以上の経営者に対して繁盛店になるための人材育成、マネジメントのノウハウを提供。商工会議所、業界団体、ショッピングセンターなどでの講演は年間100回を超える。『月刊商業界』『月刊コンビニ』など専門誌への執筆多数。著書に『仕事をまかせるシンプルな方法』『繁盛店のやる気の育て方』ほか。

※掲載内容は変更になる場合があります。