POPEYE最新号を読んで何かを始めよう! 「二十歳のとき、何をしていたか?」

暮らし

2018/2/10

「二十歳のとき、何をしていたか?」が特集の『POPEYE』3月号が2月10日(土)に発売される。
坂本龍一、森山未来、香取慎吾、宮本浩次ら、先輩たち31人が自らの“二十歳のとき”と正面から向き合う記事を読めば、きっと自分も新しい何かを始めたくなるはずだ。

『POPEYE』3月号
(マガジンハウス)

■「二十歳のとき、何をしていたか?」特集とは

 同名特集2017年3月号の第2弾となる今号では、尊敬する先輩や、わが道を突き進む同世代の言葉が、ぎゅっと詰め込まれている。やはり「二十歳(ハタチ)」はひとつの大きな節目。何か新しい種を蒔くのに最適な時期に、みんなは何をしていたのか?
「自分はこれから何をしたいのか?」 自分自身とじっくり向き合いたいときには、最適の特集だ。

■特集で「二十歳のとき」を話してくれたのは、この31人

坂本龍一


「’70年代、激動の中心だった新宿で無為に過ごした時間が、“自分の一部”になった」


バカリズム


「望んだ道を歩くなら、楽しくなければ意味がない。25歳で“潜ること”を選ぶ」


・宮本浩次


「赤羽の神童、人生初の挫折。その後で“ファイティングマン”は一歩、大人になった」


森山未來


「世界の中心で愛を叫んだ2004年。苛立ち、酒に飲まれ、自分らしい表現を模索した」


香取慎吾


「二十歳になったからといって、大人にはなりたくなかった。あの頃の勢いが今、戻ってきた」

 ほかにも、ムロツヨシ、高橋盾、古市憲寿、ピーター・サザーランド、仲條正義、古澤拓也、岩松了、石野卓球、村田沙耶香、デーヴィッド・マークス、能町みね子、筒香嘉智、きゃりーぱみゅぱみゅ、野田秀樹、ハリウッドザコシショウ、森山大道、Bose、野村萬斎、祖父江慎、富澤たけし、都築響一、奈良美智、賀来賢人、安部勇磨、でんでん、阿部一二三らの31人が、それぞれ自分らしい言葉を語っている。

 

 何かが起こっても起こらなくても、二十歳はやっぱり特別な節目だ。「二十歳のときは…」と笑って振り返れる人も、そうでない人も、またこれから二十歳を迎える若い人にもぜひ手に取ってもらいたい。