洋服選びの失敗が減る“ふせんノート”!?  暮らしがスッキリするノート術

暮らし

2018/2/25

 人気ブロガー、インスタグラマーによるノート&手帳術をたっぷり紹介する『書いて叶える、スッキリ暮らし わたしの「ノート&手帳」ルール』が2018年2月19日(月)に発売された。

 スマートフォンでのスケジュール管理が当たり前になったにも関わらず、現在アナログのノートや手帳が人気だという。その理由は、アナログのノートや手帳が単なる時間やスケジュール管理の道具としてではなく、理想の暮らしを叶えるための道具として役立てられているから。ではノートや手帳に書くことで暮らしを整えたり、楽しく上手に使ったりしている人はどのような使い方をしているのだろうか?

 同書は、「わたし」の毎日をちょっとよくする工夫を集めた書籍シリーズ「わたしのルールシリーズ」の第3弾。人気ブロガーの尾崎友吏子やみしぇるなど、暮らしと手帳の達人によるノートや手帳のルールを紹介していく。

img02.jpg

img03.jpg

「達人の暮らしとノート&手帳スタイル」「自分に合った手帳選び」「暮らしや自分を整える、テーマ別ノート&手帳アイデア」の合計3つの章で構成。1章では達人のライフスタイルと手帳の役立て方を公開しており、手帳のある暮らしぶりがイメージしやすくなっている。2章では達人の使用例を元に、自分や暮らしのタイプに合った手帳選びのポイントを紹介。3章では、暮らしのさまざまなシーンごとに役立つノートや手帳の活用アイデアを掲載しているので、自分に合った方法がきっと見つかるはず。さらに、達人が愛用している文房具やノートや手帳の持ち歩き方、みんなの手帳の失敗談などを収録しているので、暮らしの中で手帳の楽しみ方が広がる内容に。

img04.jpg

img05.jpg

<同書で紹介している内容の一部>
・ふせん洋服ノートで洋服選びの失敗を減らす
・スキマ時間を見つけてふせんを貼り家事を整理
・終わったページはデコってモチベーションUP
・家仕事はデジタル、会社の仕事はアナログ
・スケジュール帳、夢ノート、確認ノート、メモ帳の4冊使いでいろんな「私」をカバー
・バーチカルの時間軸は午後メインに書き変え
・増えがちな書類はスマホで整理
・捨てたモノを「片づけノート」に記録
・着た服ログで毎朝のコーデがラクラク
・子どもが綴る「良いコト日記」
・献立手帳で買い物減! 料理がラクに
・ノートに「わたしの取説」を作る
・メモではなく文章で綴ってやりたいことを明確に

<目次>
Part1:書くことが作る暮らしのスタイル 達人のノート・手帳術
Part2:用途に応じて使い分けたい 自分に合った手帳選び
Part3:暮らし・仕事・ジブンを整える いろいろなノート・手帳のアイデア
コラム:間違えたときの工夫/手帳が楽しくなる文房具/みんなの手帳の持ち歩き方/「HITOTOKI」シリーズを使った手帳・ノート術/プチバレットジャーナルで使いやすく/みんなの手帳「失敗日記」

img06.jpg

img07.jpg

 素敵なあの人のノートと手帳のルールから、自分に合った使い方を見つけよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。