姿勢も話し方も良くなる“声のつくりかた”って? カリスマをつくるカリスマのレッスンを初公開!

暮らし

2018/5/21

 「カリスマをつくるカリスマ」のレッスンを初公開した、『姿勢も話し方もよくなる声のつくりかた―自然とみんなを惹きつける43のレッスン』が2018年5月17日(木)に発売された。

 人の印象は何で決まるのだろうか? 顔だちや表情、服装など、いろいろと目に留まるものはあるが、「声と姿勢」だと答える人も多い。同書の著者は、第一線で活躍するアーティストやアナウンサー、経営者に声や表現法を指導する中西健太郎。声と姿勢だけで劇的に印象を上げる方法を紹介していく。

 中西は、多くのスター育成に関わり、毎年のように担当アーティストがオリコンランキングで10位以内を連発。1万人超が入るライブ会場でも通用する、場の空気を一瞬で変える「声」を伝授している。現在は、キー局のアナウンサー研修やメディアトレーニングも実施。短期間でスターを育て上げる手法は、多くのアーティストや芸能事務所、レーベル、テレビ局から信頼を受け、「カリスマをつくるカリスマ」と評価されている。

 歌手や俳優の表現力は、聴衆の無意識に働きかけて感動を呼び起こす。そして心地よく響く声になると、相手に与える印象だけでなく、セルフイメージも上がって自信が身につく良い循環が生まれる。同書では、相手の無意識に届く「声」を軸に、自分の何を変えれば良い印象を残して相手の心を動かせるのか具体的に紹介。姿勢と呼吸を整える基本と、「外郎売り」などプロも実践するトレーニング方法を解説していく。

<主な目次構成>
第1章:みんなを惹きつける「声」の魔力
第2章:気持ちいい声を出すための「姿勢」のレッスン
第3章:気持ちいい声を出すための「呼吸」のレッスン
第4章:印象が上がる話し方とは?
第5章:魅力的な声になる4つのトレーニング
・声量や抑揚の総合トレーニング:「外郎売り」
・呼吸を深く安定させるトレーニング:「火の呼吸」&「波の呼吸」ほか

 人それぞれの地声とキャラクターの魅力を引き出すレッスンで、声の印象と存在感をアップさせてみてはいかが?

中西健太郎(なかにし・けんたろう)
メディアトレーナー/ボーカルディレクター。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業後、ボイストレーナーとしてキャリアをスタート。エンターテインメントでの経験を活かし、「日本人に決定的に欠けている表現力のスキルを向上させ、日本の未来に貢献したい」という思いから、2014年からはビジネスパーソンを対象としたレッスンやセミナーを開催。受講者は上場企業のCEOのほか弁護士や医者、大学教授、科学者、コンサルタント、カウンセラー、役人、学生など多岐にわたる。ビジネス界とはまったく異なる発想が瞬く間に評判を得て、東京、大阪、宮城、山口、福岡など全国各地でキャンセル待ちが続出するほどの人気を博す。

※掲載内容は変更になる場合があります。