生クリーム+めんつゆ=濃厚な洋風味に! やっぱり頼りになる「めんつゆ」活用術

食・料理

2018/5/25

 おなじみの調味料を活用できるレシピシリーズが新登場。『味つけラクラクCooking2 めんつゆはオールマイティ!』が2018年5月17日(木)に発売された。

「味つけラクラクCooking」は、様々な切り口のレシピ本を出版してきたオレンジページが刊行するアイデア満載のレシピ集。めんつゆ以外にも、“マヨネーズ”と“焼き肉のたれ”活用レシピ集が同時発売されている。

 同シリーズ発売前にオレンジページが行った「調味料についてのアンケート」では、家庭のめんつゆ常備率は81.0%に上ることが判明。使用頻度に関しては「1週間に2~3回程度」と答えた人が35.6%で1位という結果に。

img02

img03

 使用法は「麺類のつゆとして」という回答が90.8%で圧倒的だったが、めんつゆは変幻自在な“合わせ調味料”としても使うことができる。「だし+しょうゆ+甘み」は、和食の基本の味つけなので、いくつも調味料を合わせなくてもOK。主菜、副菜、おつまみ、ひと皿メニューなど、簡単に味が決まって色々な料理に活用できるため頼りになる存在といえるだろう。

<レシピの一例>

img04

煮る、炒める、からめる、かけるなど、あらゆる調理法に対応しているめんつゆは、漬け汁としても活用できる。「牛肉とカラフル野菜のさっぱり漬け」

img05

生クリーム+めんつゆは濃厚な洋風味に。「サーモンとアスパラの和風クリームパスタ」

img06

めんつゆをゼラチンで冷やし固めたおしゃれなひと皿。「和風ジュレのカルパッチョ」

 めんつゆの特徴を活かして豊富なメニューを紹介する同書。「味つけラクラクCooking」の『マヨネーズは技の宝庫!』『焼き肉のたれが世界を制する!』と一緒にチェックしてみてはいかが?

※掲載内容は変更になる場合があります。