「最高すぎる」 主題歌は宇多田ヒカルの書き下ろし楽曲! アニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」予告映像解禁

エンタメ

2018/5/24


 森見登美彦の同名小説を原作としたアニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」の予告編が公開された。宇多田ヒカルが原作を読んで書き下ろしたという楽曲を使用した予告編に、「絶対に観に行く」「最高すぎるだろ」「史上最強の組み合わせ」と注目が集められている。

 同作は、少し生意気な小学4年生“アオヤマ君”と“お姉さん”が織りなす、ひと夏の不思議な体験を描いた物語。突如街に現れたペンギンの謎を調査するアオヤマ君はある日、お姉さんが投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する―。

 今回公開された予告映像では、宇多田による主題歌「Good Night」の音源を初解禁。主題歌である同曲は、胸に迫る切ないメロディとシンプルながら引き込まれる歌詞が魅力的な一曲になっている。

 予告映像は“アオヤマ君”とお姉さんの交流の様子や、鮮やかな夏の風景が宇多田の楽曲とともに流れる美しいものに。また蒼井優が声を務める“お姉さん”の胸など、体の部位をピックアップして描くシーンもあり、原作ファンからは「予告編ですらお姉さんのおっぱいが強調されてて、映画も原作の雰囲気を醸してくれるんじゃないかって思った」「お姉さんが爽やかにエロくてビビる。最高」と期待の声が。

 公式サイトでは、宇多田の楽曲に対してキャスト・監督からのコメントも寄せられている。お姉さん役の蒼井からは同曲に対して、「最初の『愉しげに埃が舞う』という、軽やかで優しいフレーズに一気に引き込まれ、聞き進めると、幼少期の愛おしい時間の匂いがし始め、胸がぎゅっとなりました」とコメント。

 監督の石田祐康も『ペンギン・ハイウェイ』と同曲の類似点を熱く語りつつ、「広大な空間に宇多田さんの歌声は波となってどこまでも響き渡ります。その温かさと力強さ。この作品のために見事に歌い上げていただき、本当にありがとうございました!」と感謝を述べている。

 映画の公開は2018年8月17日(金)。期待に胸を膨らませながら、公開日までは予告映像をじっくり堪能してみては?

■映画「ペンギン・ハイウェイ」
公開:2018年8月17日(金)
出演:北香那、蒼井優
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
公式サイト:http://penguin-highway.com/