土屋太鳳&芳根京子共演の「累-かさね-」最新予告解禁!「これは期待が高まる!」と大反響!

エンタメ

2018/7/16


 2018年9月7日(金)に公開される映画「累-かさね-」の最新予告映像が解禁。欲望渦巻く数々の場面に、「これは期待が高まる!」「いろいろぶっ飛んでて心臓わしづかみにされた」と大反響が巻き起こっている。

 映画「累-かさね-」は、松浦だるまの同名マンガを原作にした“ダークシンデレラストーリー”。醜い容姿を持つ累役を芳根京子、女優としての成功に異常な執着を見せるニナ役を土屋太鳳が演じ、累とニナによる欲望むき出しの愛憎劇が展開される。

 共演者には累の母親で伝説の女優・透世に檀れい、彼女の世話になっていたという男・羽生田役に浅野忠信をキャスティング。また、累とニナの関係に大きな影響を及ぼす演出家・烏合役を横山裕が演じる。予告編の解禁に合わせて、シンガーソングライターの「Aimer」が主題歌「Black Bird」を担当していることも発表された。

 公開された予告編は、羽生田が累に対して「この顔がお前からすべてを奪ったんだ! 家族も、友達も、笑顔も、人並みの小さな幸せもすべてだ!」と罵る場面からスタート。絶叫する累や、彼女の頬に深く刻まれた傷跡もはっきりと映し出される。続けて“圧倒的な美しさ”の持ち主・ニナとともに、同作のキーアイテムとなる“不思議な力を持つ口紅”も登場。キスをした相手の顔を奪い取るという口紅を使って、累とニナが顔を交換する姿が描かれていく。

 さらに、演出家・烏合が現れたことで累とニナの関係に大きな亀裂が。予告編には「烏合さんだけは譲らない」「教えてあげる。劣等感ってやつを」「私の人生、乗っ取るつもりでしょう?」といった2人のセリフや、ニナが累を踏みつける衝撃的なシーンも含まれていた。

 土屋と芳根の熱演に、原作ファンも興奮を隠しきれないようす。「こんなとんでもない予告編久しぶりに見せられた気がする」「京子ちゃんと太鳳ちゃんの演技力が凄すぎてぞわっとした!」「演技力が凄すぎるし主題歌も良いから、絶対劇場で観たい作品」といった声が溢れ返っている。

 愛憎が交錯する、2人の女性が迎える結末とは? 映画の公開を楽しみに待とう!

■映画「累-かさね-」
公開:2018年9月7日(金)
原作:松浦だるま
監督:佐藤祐市
脚本:黒岩勉
音楽:菅野祐悟
出演:土屋太鳳、芳根京子、横山裕、浅野忠信、檀れい ほか
公式サイト:http://kasane-movie.jp/