半年以内に結婚できないとクビ!? 波瑠主演ドラマ「サバイバル・ウェディング」斬新な恋愛テクニックが話題に

エンタメ

2018/7/19

 2018年7月14日(土)に、ドラマ「サバイバル・ウェディング」の第1話が放送された。カリスマ雑誌編集長が説く斬新な恋愛テクニックが、「意外と参考になるかも!」「ファッションで例えてくれるのが分かりやすい」と話題になっている。

 大橋弘祐の小説を原作とした同ドラマは、波瑠演じる雑誌編集者・黒木さやかが主人公。さやかは30歳の誕生日に婚約者の和也(風間俊介)と式を挙げる約束をしており、務めていた出版社を寿退社することに。しかし会社を辞めたその日の夜に和也の浮気が発覚し、なんと一方的に婚約破棄されてしまう。

 突然突き放された挙句結婚準備で金銭的にもピンチに陥ったさやかは、恥をしのんで元上司に復職できないかと頼み込む。そこで紹介された女性向けライフスタイル雑誌「riz」のカリスマ編集長・宇佐美(伊勢谷友介)は、「半年以内の結婚」と「婚活体験談の連載」を条件にさやかを編集部に受け入れると言い放った。

 結婚できないとクビという無茶苦茶な条件にさやかは反発するが、このチャンスを逃したら再就職が厳しいのも現実。渋るさやかに宇佐美は、“女の市場価値”をブランドバッグにたとえて説明し始める。ファストブランドとハイブランドの価格に差が生まれるのは、希少性やアフターサポートなどの企業努力が要因。宇佐美は女としての価値も同じように上げることが出来ると力説し、数々の戦略を命令する。

 エルメスやシャネルなど誰もが知るブランド名が次々と登場し、視聴者からは「どんな婚活テクニックより面白い」「ブランドが売れる秘密が恋愛にも役立つって発想が新鮮」「安売りすると価値が下がるっていうのは本当に納得できた」「私も市場価値の高い女になりたい」と大好評だ。

 ブランド好きで毒舌な宇佐美の戦略はさやかを結婚に導けるのか? 婚活中の女子や独身アラサー世代には必見のドラマとなりそうだ。

■ドラマ「サバイバル・ウェディング」
放送:毎週土曜日夜10時から
原作:大橋弘祐
出演:波瑠、伊勢谷友介、風間俊介、高橋メアリージュン、ブルゾンちえみ ほか
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/survival-wedding/