「相変わらず最高」“最凶ギャグマンガ”『クロマティ高校』スピンオフ続編で復活新連載にファン歓喜

アニメ・マンガ

2018/10/20

img01

『魁!! クロマティ高校』が12年ぶりに復活。「クロマティがまた帰ってきた… 楽しみがまた一つ増えて嬉しい!」「また死ぬほど笑うんだろうな…」と歓喜の声が続出している。

 同作は2000年から2006年まで『週刊少年マガジン』で連載していた作品。悪が蔓延る高校・クロマティ高校に入学した神山高志と、おバカなヤンキーたちが“非日常”を繰り広げる。ロボット番長・メカ沢や、上半身裸の謎の男・フレディ、人間の生徒より賢いゴリラなど個性豊かなキャラクターたちが登場して話題となった。

 スタートするスピンオフ続編のタイトルは、『クロマティ高校 職員室』。漫画アプリ「マガポケ」での連載に先駆け、2018年10月6日(土)発売の『月刊少年マガジン』11月号に第1話が先行掲載されている。

 第1話のあらすじには、「スピンオフと言えばスピンオフだし、続編と言われれば続編な気もするので、スピンオフ続編ということにします」という説明文が登場した。

img01

img01

 この文章にファンからは、「クロマティ高校らしいあらすじだなwww」「スピンオフ続編って意味わからなすぎて腹痛い」「このいいかげんさが魅力の一つだよね」「続編ってことはフレディがまた登場するってことじゃん!」といった声が続出した。

 また『クロマティ高校職員室』のキービジュアルも公開され、生徒だったメカ沢がスーツ姿で登場。さらに第1話の表題が“教師の名は。”であることが発覚し、「もうなんでもありじゃないか… 相変わらず最高で安心した」「キービジュアルから笑わせてくるのは凄すぎる」「ロボットが先生の高校って…」「第1話のタイトルが攻めすぎてて爆笑」「このギャグセンスはクロマティ高校にしかだせない…」と大反響が巻き起こっている。

 連載は2018年10月27日(土)から「マガポケ」内で開始。あなたも『クロマティ高校』の“最凶”ギャグで抱腹絶倒してみては?

◆マガポケ公式サイト:https://pocket.shonenmagazine.com/