ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」2話、イケメンの鼻毛エピソードが話題「毛はなぁ… 指摘しづらいよなぁ…」

エンタメ

2018/10/19

 2018年10月13日(土)に、ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」の第2話が放送された。インパクトが強すぎる“鼻毛王子”のシーンに、「キモすぎるけど面白いwww」「毛以外は悪くないんだけどなぁ…」と爆笑の声が上がっている。

 尾崎衣良の漫画を原作とした同ドラマは、夜な夜な女子会を開いて恋バナに明け暮れる円(馬場ふみか)、佐和子(佐野ひなこ)、千代(久松郁実)の物語。円は何でも上から目線の男・鈴木(小笠原海)に目をつけられ、佐和子は彼氏である国分諒(瀬戸利樹)のダメ男っぷりに呆れがち。第2話では、少女漫画のような理想の恋を夢見る千代と、つき合い始めたばかりの八代智司(清原翔)のエピソードが描かれた。

 前回、千代と八代はホテルデートをしていたのだが、八代が入っているお風呂に毛が浮いているのを見て千代はドン引き。思わず八代を置き去りにして、ホテルを飛び出してしまう。突然の出来事に驚いた八代は、後日千代に「俺のこと、嫌い?」と尋ねる。しかし毛が嫌だったと言いだしづらい千代は、何も言えずにただ首を横に振ることしか出来ない。

 「どんなことでも受け止める」と食い下がる八代に、千代は「好きな人には王子様みたいでいて欲しい」と告白。八代は困惑しながら「それ、どうすれば…?」と聞き返すが、千代は八代の鼻から一本の毛が出ているのを見つけて驚愕の表情で凍りついた。

 千代が想像してしまった鼻毛ふさふさの八代には、「破壊力がありすぎる」「鼻毛を風になびかせるな!」「これはこれで漫画みたいだ」とツッコミの声が続出。しかし中には、「めっちゃいい人そうなのに鼻毛は確かに台無し(笑)」「1度気になっちゃうとついつい見ちゃうよね」「毛はなぁ… 指摘しづらいよなぁ…!」と千代に共感する女性も多いようだ。

 千代は再び八代の前から逃げ出してしまったが、八代はまだまだ諦められない様子。八代は彼女のために真の“王子様”になれるのだろうか。

■ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」
放送:毎週土曜日深夜2時30分から
原作:尾崎衣良
監督:ふくだももこ、山本大輔
出演:馬場ふみか、佐野ひなこ、久松郁実
公式サイト:https://www.asahi.co.jp/damekoi/