「ゴンが完全にネタ扱いwww」「HUNTER×HUNTER」LINEスタンプに大反響

アニメ・マンガ

2018/11/11

 2018年11月1日(木)にLINEスタンプ「HUNTER×HUNTER(J50th)」が発売された。クセの強いスタンプの数々に、ファンからは「ゴンが完全にネタ扱いになっててワロタ」「使いどころが分からないぐらい攻めてきたなwww」と大きな反響が巻き起こっている。

『週刊少年ジャンプ』創刊50周年を記念して、同誌掲載のマンガをスタンプ化している人気企画。今回は冨樫義博の人気連載マンガ『HUNTER×HUNTER』がフィーチャーされ、ゴンやキルア、クラピカといったメインキャラから球体兵器ブリオンまで多様なキャラが収録された。

 スタンプは原作イラストを使って名場面などが再現され、作中のセリフを添えたものが多い。しかし中には使いどころに悩むスタンプもあり、例えばキルアの「クセになってんだ音殺して歩くの」「オレけっこう強いけどどうする?」「家庭の事情でね」といったセリフのスタンプが。またネテロのスタンプは手をハート型に合わせ、「感謝するぜこれまでの全てに!!!」とセリフつきで再現。ファンからは「即ダウンロードしたけど見てるだけでも楽しくなってくる」「ファンのツボを押さえた人が確実に選んでるラインナップだな」「兵器ブリオンまで収録してるとか神スタンプでは?」といった声が相次いだ。

 ファンの注目を集めているのは、メルエムがコムギの膝に頭を預けた“おやすみなさい”のスタンプ。読者の涙を誘った名シーンが切り取られているだけに、ネット上には「おやすみ史上最も泣けるスタンプ」「こんなん送られた日には涙で枕を濡らすわ」「おやすみなさいの意味が深い」といった声が。またゴンが“強制成長”して長髪が立ち上がった姿を、3つのスタンプを使って再現。3枚中2枚が頭髪のみのスタンプになっており、「3枚1セットのゴンに思わず吹き出してしまった」「ゴン本体が送られてこないと何なのか分からん!(笑)」などの反応が溢れ返っている。

 ファンを唸らせるほどの場面をチョイスしている、今回のLINEスタンプ。友達同士で送り合って、どんな会話が成立するのかぜひ楽しんでほしい!

◆LINEスタンプ「HUNTER×HUNTER(J50th)」
https://store.line.me/stickershop/product/11061/ja