少女が申し込んできたのは…“子作り”!?『ノブナガ先生の幼な妻』TVアニメ化決定にファン歓喜

アニメ・マンガ

2018/12/15

img01.jpg
(C)紺野あずれ/双葉社・「ノブナガ先生の幼な妻」製作委員会

『月刊アクション』で連載されている、紺野あずれの漫画『ノブナガ先生の幼な妻』がアニメ化決定。メインキャラクターのビジュアルやキャストも公開され、ファンからは「映像化できないと思ってたから嬉しすぎる!」と歓喜の声が上がっている。

 同作はギャルゲー展開を夢見続けている教師・織田信永と、妻を自称する14歳の少女・斎藤帰蝶が繰り広げるドタバタラブコメディー。「ある日突然、自分のことを大好きな女の子が現れる」という妄想をしていた信永の元に、戦国時代からやってきた帰蝶が現れた。信永のことを“織田信長”と勘違いして、帰蝶は「子作り」を迫ってくる。しかし14歳の少女に手を出したら、社会的にも一発アウト。果たして信永は、どうやって切り抜けるのだろうか―。

 アニメ放送に先駆けて、Twitterの開設とアニメ公式サイトがオープン。サイト内には、信永を中心にヒロインたちを描いたビジュアルが公開されている。また信永役を務める声優・酒井広大からは「キャスト一同全身全霊をこめ、一所懸命演じますので楽しみにしていてください!! よろしくお願いいたします!!」とコメントが。さらに帰蝶を演じる声優・上原あかりも、「テンポの良い作品だと思うのでその勢いを大切に、精一杯演じさせていただきます!」と意気込みを語った。

 アニメ化の情報に対して、ネット上では「公式サイト見たけど、ビジュアル可愛すぎて鼻血でそうだった」「動いてる帰蝶ちゃんを早くこの目に焼きつけたいです!」「地上波で先生の作品が見れるの!?」「あかりちゃんメインヒロイン役おめでとう!」といった反響が起こっている。

 アニメは2019年4月放送予定。2018年12月12日(水)には最新コミックス3巻が発売されているので、続報を待ちながら原作に目を通してみよう!

■アニメ「ノブナガ先生の幼な妻」
原作:紺野あずれ
監督:佐々木勅嘉
シリーズ構成:翌有蔵
出演:酒井広大、上原あかり、小澤亜李 ほか
公式サイト:http://nobutsuma-anime.com/
公式Twitter:https://twitter.com/nobutsuma_anime