ダイエット中の強い味方! 砂糖不使用でも満足できる「ゼロ・シュガー・ケーキ」

食・料理

2019/1/16

img01.jpg
『ゼロ・シュガー・ケーキ』(吉川文子/主婦と生活社)

 砂糖というのは甘くてとても美味しいが、ほぼ糖質。健康やダイエットのために糖質制限をしなければいけない人にとっては、砂糖は悩みの種となる。

 特にお菓子を作るには大量の砂糖が必要になるイメージがあるが、『ゼロ・シュガー・ケーキ』で紹介されているレシピでは、グラニュー糖や上白糖だけではなく、三温糖や和三盆なども一切使っていない。

 本書では砂糖の代用品として「ラカントS」のような低糖質甘味料を使用。さらに糖質量の多い小麦粉に「アーモンドパウダー」や「きな粉」を混ぜることで、小麦粉の使用量を減らし糖質をカットしている。

 また、はちみつやメープルシロップを補助的に使っているレシピもあるが、同量の砂糖を入れることを考えると糖質は20~30%少なくなり、全体的に普通のお菓子と比較して3~5割程度の糖質に抑えることができる。

 紹介されているのは、生地を作ったら型に入れて焼くだけで完成する「焼きっぱなし」のお菓子がほとんど。材料も手に入りやすいものに限定しているので、初心者でも簡単に作ることができる。

 本書を参考にすれば、糖質制限中でも美味しいお菓子を楽しむことができるだろう。