「美しすぎ…!」乃木坂46・与田祐希、透明感あふれるグラビアに大反響【マガジン7号】

エンタメ

2019/1/20

img01.jpg
『週刊少年マガジン』7号(講談社)

 2019年1月16日(水)発売の『週刊少年マガジン』7号では、表紙と巻頭グラビアに乃木坂46・与田祐希が登場。全16ページにわたる大ボリュームグラビアは、「透明感とオーラが美しい」「いつものグラビアと違った雰囲気が与田ちゃんにピッタリ!」と話題だ。

 乃木坂46の3期生である与田は、2018年に上演された舞台「ザンビ」のチームREDで主役を務めた注目のメンバー。今回のグラビアでは「与田祐希と、いう名の生き物」をテーマに、大人びた雰囲気の写真が数多く登場している。

 どの写真も大人びた美しさを醸し出しているが、中にはみかんを頭に乗せてほっぺを膨らませている可愛らしい1枚も。ファンの間では「与田鏡餅かな?」「そのぷっくりほっぺをつつきたい」「このキュートさがあるから与田ちゃんはたまらない」と話題になっている。

 グラビアの後半では撮影場所が屋外になり、ポニーテール姿で登場。路地裏に佇みこちらを振り返っている1枚は、まるでデート中のようなシチュエーションだ。みかんの時と同じようにほっぺを膨らませた写真もあるが、こちらの与田はどこかいたずらっ子のような瞳。まだ18歳という年相応なあどけなさが垣間見える。

 今回はグラビアだけでなく、直筆サイン入りチェキのプレゼント企画も実施。グラビアと同じ衣装で撮影された3枚のチェキに、与田のサインとメッセージが添えられたものだ。いつものグラビアと同じように、特製クオカードのプレゼントも登場。ここでしか手に入らない与田のレアグッズとなるので、欲しい人はチェックしておこう。