深田恭子を取り巻く男性陣が「みんなカッコ良すぎ…」と話題【ドラマ「初めて恋をした日に読む話」第1話】

エンタメ

2019/1/19

 2019年1月15日(火)に、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の第1話が放送された。深田恭子演じるアラサー女子・春見順子をとりまく男性陣が「みんなカッコ良すぎない!?」「まるで恋愛ゲームみたいなドラマ」と話題になっている。

 同作は、漫画雑誌『Cookie』で連載中の同名漫画を原作としたラブストーリー。第1話は、32歳の塾講師・順子が婚活で知り合った東大出身の男性にフラれる場面から始まった。順子は人を本気で好きになった経験がなく、婚活していた理由もなんとなく仕事を辞めたいから。

 いとこであり同級生の八雲雅志(永山絢斗)は、学生時代から順子に思いを寄せていた。しかし超鈍感な順子は雅志の想いに全く気づかず、雅志自身も恋愛下手でアプローチに苦戦中。仕事がうまくいかない順子を必死で励まそうとするが、世界や歴史など主語の大きい話ばかりで全く順子に響かない。

 ある日、順子は塾でピンク色の髪をした男子高生・由利匡平(横浜流星)と出会う。匡平の父親は文科省の高級官僚で、世間体のために息子を無理やり塾に通わせようとしていた。実の息子を「みっともない」「恥ずかしい」と罵る匡平の父親に、幼い頃から厳しかった自分の母親を重ねた順子。思わず「人のことゴミだとかいう人間の言うこと聞かなくて全然いい!」と父親を指さして啖呵を切ってしまう。

 当然のように順子はクビを言い渡され、翌日荷物をまとめるために出勤。しかし順子の前に再び匡平が現れ、「俺を、東大に入れてくれない?」と言って塾の入学願書を提出した。

 全くタイプの違う男子2人には、「大人な雅志も年下男子の匡平もグッとくる」「どっちも魅力的すぎて全然選べない!」「こんなイケメンに囲まれて鈍感な順子が逆にうらやましい」と女性ファンも大興奮。雅志は人生崖っぷちな順子のためにプロポーズを計画し、匡平は東大を目指して順子と共に勉強を始める。

 第2話では、順子の高校の同級生であり匡平の担任・山下一真(中村倫也)が登場。順子を取り巻く恋愛模様から、ますます目が離せなくなりそうだ。

■ドラマ「初めて恋をした日に読む話」
原作:持田あき
演出:福田亮介、吉田健、坂本栄隆
出演:深田恭子、永山絢斗、横浜流星、中村倫也 ほか
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/