市原隼人が新境地に挑戦!? ドラマ「捨て猫に拾われた男」にファン歓喜

エンタメ

2019/1/23

 梅田悟司のエッセイ『捨て猫に拾われた男』が、スペシャルドラマとして放送決定。主演には俳優の市原隼人が抜擢され、ファンから「猫も隼人君も可愛い!」「これは名作の予感がプンプンするわ」と歓喜の声が巻き起こっている。

 同ドラマは、1人の男性と捨て猫の日常を描いた物語。出版社に勤めている“僕”は、ある時からなぜか会社に行けなくなってしまう。公園のベンチでボンヤリ過ごしていると、隣に座っていた老人に一匹の黒猫が餌をせがむ。老人は翌日から施設に入るので、猫とは今日がお別れらしい。その日から“僕”は先輩の“妻さま”に支えられながら、猫の大吉を世話することになったのだった―。

 “妻さま”を演じるのは女優の中村ゆり。他にも筧美和子、奥田恵梨華、平原テツ、希代彩、津田寛治、ミッキー・カーチスといった豪華俳優陣が脇を固める。ちなみに市原が今回演じたのは、“捨て猫に拾われる”というナイーブな役どころ。これまでにない新境地への挑戦になった上、猫と長い時間一緒にいるのも初めての経験だったそう。またドラマについては、「撮影中は控室も一緒で、今では猫を見たら飛びついちゃうくらい大好きになりました。猫と役者、撮影チームで築き上げた空気感がそのまま画面に出ていると思います」と語っている。

 ネット上には、「猫がメインのドラマという時点で絶対に見逃せない」「市原隼人と猫の相性がめちゃくちゃ良さそう。放送中ずっとニヤついてるかも…」「原作を読んだことはないけど、あらすじを見ただけで物凄く興味を惹かれた。どんな作品になるのかなぁ」「市原隼人&中村ゆりに猫をプラスするって最強の組み合わせだな。本当に画になる」「原作を知らなかったんだけど、『捨て猫に拾われた男』ってタイトルが素敵。色々想像をかき立てられる」と期待する声が続出。どうやら猫好きからも熱い視線を浴びているドラマのようだ。

 放送は2019年2月23日(土)の予定。猫派の人は忘れずにチェックしておこう。

■スペシャルドラマ「捨て猫に拾われた男」
放送:2019年2月23日(土)
原作:梅田悟司
脚本:小林弘利
音楽・主題歌:中山うり
出演:市原隼人、中村ゆり、筧美和子、奥田恵梨華、平原テツ、希代彩、津田寛治、ミッキー・カーチス ほか
公式サイト:http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=17221