「これはマジで嬉しい!」ドラマ「聖☆おにいさん」“第2紀”&“第3紀”制作決定に歓喜の声続出

エンタメ

2019/3/8

img01
『聖☆おにいさん』16巻(中村光/講談社)

 松山ケンイチ染谷将太の出演で話題になったドラマ「聖☆おにいさん」の続編が制作されることが決定。ファンからは「これはマジで嬉しい!」「またあの2人のゆるーい会話を眺めていられるのか」と歓喜の声が相次いでいる。

 同作は、世紀末を乗り越えたイエスとブッダが立川のアパートで共同生活を始める物語。2018年に実写ドラマ化が決定し、イエスを松山、ブッダを染谷が演じた。監督を福田雄一、製作総指揮を山田孝之が担当し、「ブッダの休日」「ブッダとイエスのできるかな」「天国よいとこ一度はおいで」など全10話を制作。福田作品ではお馴染みの佐藤二朗も出演しており、「原作通りのテンションでじわじわ面白い」「実写ならではのネタも盛りだくさんで楽しすぎるwww」「まったりコントって感じで延々見ちゃう」と大好評を博した。

 続編の決定は2019年2月22日(金)発売の『モーニング・ツー』4号で発表され、今回は“第2紀”“第3紀”として制作されることも明らかに。

 ドラマの第1紀は、動画サイト「ピッコマTV」にて配信中。YouTubeでは配信に先駆けて公開された特報VR動画もチェックすることが可能だ。こちらの動画では、イエスとブッダの部屋に“アイツ”が出現。2人が“アイツ”に翻弄される部屋を、VR機能で360度堪能することができる。ちなみに第1紀公式サイトの片隅には、山田の「今回私はキャスティングされませんでしたが、監督に賄賂を渡すので次回作は出演できるかもしれません!」というコメントが。果たして山田は登場するのか、続報を心待ちにしていよう。

◆「聖☆おにいさん」公式サイト:http://st023.com/