読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

染谷将太

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
そめたに・しょうた

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1992年、東京都生まれ。子役として活躍した後、2009年『パンドラの匣』で映画初主演。11年、映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を日本人として初めて受賞。映画 『みんな!エスパーだよ!』『バクマン。』など出演。

「染谷将太」のおすすめ記事・レビュー

「これはマジで嬉しい!」ドラマ「聖☆おにいさん」“第2紀”&“第3紀”制作決定に歓喜の声続出

「これはマジで嬉しい!」ドラマ「聖☆おにいさん」“第2紀”&“第3紀”制作決定に歓喜の声続出

『聖☆おにいさん』16巻(中村光/講談社)

 松山ケンイチ&染谷将太の出演で話題になったドラマ「聖☆おにいさん」の続編が制作されることが決定。ファンからは「これはマジで嬉しい!」「またあの2人のゆるーい会話を眺めていられるのか」と歓喜の声が相次いでいる。

 同作は、世紀末を乗り越えたイエスとブッダが立川のアパートで共同生活を始める物語。2018年に実写ドラマ化が決定し、イエスを松山、ブッダを染谷が演じた。監督を福田雄一、製作総指揮を山田孝之が担当し、「ブッダの休日」「ブッダとイエスのできるかな」「天国よいとこ一度はおいで」など全10話を制作。福田作品ではお馴染みの佐藤二朗も出演しており、「原作通りのテンションでじわじわ面白い」「実写ならではのネタも盛りだくさんで楽しすぎるwww」「まったりコントって感じで延々見ちゃう」と大好評を博した。

 続編の決定は2019年2月22日(金)発売の『モーニング・ツー』4号で発表され、今回は“第2紀”“第3紀”として制作されることも明らかに。

 ドラマの第1紀は、動画サイト「ピッコマTV」にて配信中。YouTubeでは…

全文を読む

愛する彼女は、本当に俺の恋人か…? キスマイ・玉森主演で『パラレルワールド・ラブストーリー』実写化

愛する彼女は、本当に俺の恋人か…? キスマイ・玉森主演で『パラレルワールド・ラブストーリー』実写化

 東野圭吾による異色の本格恋愛小説『パラレルワールド・ラブストーリー』が、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演で実写映画化される。この知らせにファンからは「本当に好きな作品だから嬉しい」と期待の声が続出している。

 物語は、2つの異なる世界“パラレルワールド”で展開される。とある女性が自分の恋人として存在する世界と、親友の恋人として存在する世界。主人公の敦賀崇史は、それぞれの世界で愛する女性への想いと親友との友情の間で翻弄されていく――。

 主人公・崇史役には、実力・人気ともに兼ね備える玉森が。またヒロインの津野麻由子役には吉岡里帆、崇史の親友・三輪智彦役には染谷将太がキャスティングされている。玉森は、同作に関して「信じていたものが脆く崩れていく儚さや、コントロールできない感情みたいなものをどう表現するのか、この役や題材は自分にとっての挑戦です」とコメント。

 また天才肌の研究者・三輪を演じる染谷は、「脳という宇宙のような壮大な世界の中で起きる唯一無二なラブストーリー」と同作を評し、「皆さんをこの迷路に巻き込む一筋縄では行かないラブストーリーを楽しみにし…

全文を読む

圧倒的スケールに驚きの声続出! 映画「空海―KU-KAI―」特報公開に「予告だけで大興奮!!」

圧倒的スケールに驚きの声続出! 映画「空海―KU-KAI―」特報公開に「予告だけで大興奮!!」

 夢枕獏の小説を映画化した「空海―KU-KAI―」の特報が公開され、圧倒的なスケールにファンからは「予告だけで大興奮!」「これは早く映画が観たい!!」と大きな反響が起こっている。

 小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』を、「さらば、わが愛 覇王別姫」などの作品で知られるチェン・カイコー監督が総制作費150億円という破格のスケールで実写映画化。主演の空海役に染谷将太を抜擢し、唐の時代に遣唐使として中国の地を踏んだ空海が詩人の白楽天とともに首都・長安に潜む謎に挑む姿を描く。日本公開は2018年2月。

 公開された特報では「空前絶後の超大作プロジェクト」「圧倒的スケール 唐の都を完全再現」というナレーション&クレジットの通り、オープンセットにかつてない規模で再現された長安の街並みが映し出される。映像には撮影のようすも含まれており、中には駆け抜けていく馬と撮影カメラが並走する場面も。豪華絢爛なセットや衣装も目を引き、坊主頭で袈裟に身を包んだ空海役の染谷以外にも、阿部寛演じる阿倍仲麻呂や女優チャン・ロンロン演じる楊貴妃など主要キャラクターの姿が確認できる。

 息を…

全文を読む

羽海野チカ描き下ろし! 映画『3月のライオン』、神木隆之介演じる桐山零のイラスト入りクリアファイルが2万枚限定前売特典に!

羽海野チカ描き下ろし! 映画『3月のライオン』、神木隆之介演じる桐山零のイラスト入りクリアファイルが2万枚限定前売特典に!

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

 いよいよ公開が来春に迫った、羽海野チカの大人気コミック『3月のライオン』の実写映画。監督・大友啓史、主演には神木隆之介を迎え、2017年3月18日(土)より前編が、4月22日(土)には後編が全国公開される。  今回、神木演じる桐山零が川沿いで物思いにふける一瞬を切り取った写真をもとに、原作者である羽海野チカが繊細なタッチで描き下ろしたイラストが初解禁された。  さらに同イラストが入ったクリアファイルが、2017年1月14日(土)より発売開始する、前・後編セットの前売券の特典として、全国2万枚限定でプレゼントされることが決定。クリアファイルの表面は描き下ろしイラストが、裏面には桐山の初出し写真がデザインされている。 ※前売券の取扱いが無い劇場もあり。  また、同イラストの原画は、2016年12月23日(金・祝)~2017年1月3日(火)に博多阪急で開催される「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」に展示される予定なので、こちらも要チェックだ。 ■「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」 …

全文を読む

「写真見てるだけで胸が熱くなる」映画「3月のライオン」キャスト写真一挙公開で絶賛の声続出!

「写真見てるだけで胸が熱くなる」映画「3月のライオン」キャスト写真一挙公開で絶賛の声続出!

 いよいよ公開が来春に迫った、羽海野チカ原作の大人気コミック『3月のライオン』の実写映画。配役の発表、予告編、ポスターが公開されるたびに期待がうなぎのぼりに高まっているが、この度キャラクター画像を一挙披露。「どれもそっくりすぎて愛を感じる!」と大反響が上がっている。

 2017年3月18日(土)に前編、4月22日(土)に後編と2部作で公開される、映画『3月のライオン』。神木隆之介演じる主人公、桐山零をはじめ「神がかった配役!」とファンを熱くさせているのだが、公開されたキャラクター写真も神がかっている。佐々木蔵之介扮する島田開のなにかを睨む鋭い視線、加瀬亮演じる宗谷冬司のストイックさが漂う佇まい、倉科カナ扮する川本あかりの温かい笑顔など、それぞれの人生、闘い、愛情など、キャラクターたちのドラマチックな表情が切り取られている。

宗谷冬司(加瀬亮) (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

川本あかり(倉科カナ) (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

川本ひなた(清原果耶) (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

川本モモ(新…

全文を読む

松坂慶子、染谷将太を「空海にぴったり」と絶賛! 総製作費150億円、構想5年余の日中共同制作映画「空海―KU-KAI―」2018年公開予定!

松坂慶子、染谷将太を「空海にぴったり」と絶賛! 総製作費150億円、構想5年余の日中共同制作映画「空海―KU-KAI―」2018年公開予定!

 2011年から構想5年余、総製作費150億円をかけ、ハリウッドを凌ぐスケールにて製作進行中の日中共同製作映画「空海―KU-KAI―」が2018年に公開(予定)することが発表された。  原作は『エヴェレスト 神々の山嶺』『陰陽師』など多数の著作が映像化されているベストセラー作家・夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』。中国、唐の時代。日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海が、詩人・白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る―。この壮大な物語が日本=中国の共同製作として、スタッフ1,000人を動員し史上最大のスケールで映像化される。  メガホンをとるのは、カンヌ映画祭パルム・ドール、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ほか数々の受賞を果たし、世界にその名を轟かせる巨匠、陳凱歌(チェン・カイコ―)。そしてキャストでは、日本代表として、主演である若き日の空海を演じるのは染谷将太。また、若き空海=沙門空海の相棒となる唐代の詩人、白楽天役には中国にて好感度俳優第一位に選ばれる人気の黄軒(ホアン・シュアン)。日中を代表する若手俳優の競演が繰り広げ…

全文を読む

佐藤健、山田孝之からのムチャぶりに応えた神木隆之介の度胸を称賛!

佐藤健、山田孝之からのムチャぶりに応えた神木隆之介の度胸を称賛!

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2008年から2012年まで連載され、単行本全20巻、累計発行部数1500万を記録した、『DEATH NOTE』コンビ・大場つぐみ×小畑健による大ヒットマンガ『バクマン。』。高い画力を持った真城最高(サイコー)と、巧みな物語を書く高木秋人(シュージン)がコンビを組み、ジャンプで連載することを目指して、ライバルたちと切磋琢磨しながら成長していくストーリー。ジャンプがどのようにして作られるか、その内幕を描く斬新なストーリーが、マンガ好きはもちろん、多くのクリエイターから支持を獲得した。そんな同作が、『モテキ』などを手がけた大根仁監督によって、実写映画化され、10月3日(土)より公開となる。

 公開に先立って、完成披露イベントが9月8日(火)、六本木ヒルズにて行われ、サイコー役の佐藤健、シュージン役の神木隆之介をはじめとする豪華キャスト陣、大根監督、そして主題歌・劇中音楽を担当したサカナクションら総勢16名が登壇した。

 雨の中集まった約600人のファンからの大声援を受けながら登場し、佐藤は「王道の青春ストーリーですが…

全文を読む

染谷将太主演「みんな!エスパーだよ!」撮影も順調だよ! 撮影現場レポ

染谷将太主演「みんな!エスパーだよ!」撮影も順調だよ! 撮影現場レポ

(C)若杉公徳/講談社 (C)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

 『ヤングマガジン』(講談社)で連載され人気となり、2013年4月からテレビ東京で連続ドラマ化された『みんな!エスパーだよ!』(講談社)。ドラマは大きな話題を呼び、映画化にまで発展、現在絶賛撮影中だ。撮影は鬼才・園子温監督の出身地でもある、愛知県東三河でオールロケを実施中。今回は撮影現場にお邪魔してきたので、その取材の模様をお送りしよう。  撮影現場囲み会見の舞台となったのは、映画の中でも象徴的な場所として登場する「喫茶シーホース」(通常は喫茶パトリアとして営業)。園子温監督のほか、主演の染谷将太、先日ヒロイン発表され話題の池田エライザ、ドラマから続投の真野恵里菜、マキタスポーツ、深水元基、柾木玲弥、神楽坂恵らが勢揃いで登場。作品に対しての意気込みや撮影現場の面白エピソードなどを披露し、笑いにあふれた会見となった。

(C)若杉公徳/講談社 (C)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

撮影に際しての意気込み 園監督:「テレビドラマ以上の衝撃ショットも彼女たちに…

全文を読む

「染谷将太」のおすすめ記事をもっと見る

「染谷将太」のレビュー・書評をもっと見る

「染谷将太」の関連画像・写真

「染谷将太」の関連画像・写真をもっと見る