「これは期待できそう!」アニメ映画「海獣の子供」特報&芦田愛菜らキャスト解禁に反響

エンタメ

2019/3/9


 五十嵐大介の漫画を原作としたアニメ映画「海獣の子供」の特報動画が解禁。メインキャストとして芦田愛菜、石橋陽彩、窪塚愛流が出演することも明らかになり、「これは期待できそうなキャスティング!」と話題になっている。

 同作は、居場所を亡くした少女・琉花がジュゴンに育てられた兄弟、海と空に出会う物語。3人が出会ってから世界中の海で不思議な現象が起こり始め、やがて琉花は兄弟が抱える秘密や生命の神秘を目の当たりにしていく。映画の制作は、「マインド・ゲーム」「鉄コン筋クリート」などを手がけた「STUDIO4℃」が担当。アニメファンからかなりの注目を集めていた。

 公式サイトで公開された特報動画では、水族館の水槽越しに対面する海と琉花や澄んだ瞳が印象的な空の姿が登場。水槽の中で悠々と泳ぐ魚たちや水しぶきを上げる謎の生物など、壮大な自然の光景も次々と映し出されていく。バックに流れる音楽は、久石譲によるもの。自然の美しさや奥深さを感じられる映像になっている。

 琉花を演じる芦田は、琉花と同じ14歳。役作りについては「琉花と一緒に考えたり、知りたいと思いながら演じさせて頂きました」とコメントした。海役の石橋は、ディズニー映画「リメンバー・ミー」で主人公・ミゲルの日本語吹き替えを務めた注目の子役。そして空役の窪塚は、俳優・窪塚洋介の息子であり2018年公開の映画「泣き虫しょったんの奇跡」でデビューを果たしたばかりの新人だ。

 特報を見た人からは、「映像も音楽も超ステキ!」「スタッフもキャストも何もかも完璧でしかない」「早くみんなの声が聴きたいなぁ」と歓喜の声が続出。原作者・五十嵐のツイッターでは公開に先駆けた描き下ろしイラストが投稿され、「この美しい世界がどこまで再現されるのか楽しみ」「琉花たちに映画館で会えるなんて幸せだなぁ」と原作ファンからも期待が寄せられている。

 映画の公開は、2019年6月7日(金)。どんな物語が生み出されるのか楽しみに待っていよう。

img01
(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

■映画「海獣の子供」
6月7日(金)全国ロードショー
原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)
キャスト:芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流
スタッフ:監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:「海獣の子供」製作委員会
配給:東宝映像事業部
(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
公式サイト:https://www.kaijunokodomo.com/