石原さとみ「本音を言いまくる最高に自由な生物」 佐々木倫子の『Heaven? ご苦楽レストラン』が石原主演でドラマ化決定!

エンタメ

2019/4/9

img01
『Heaven? ご苦楽レストラン』1巻(佐々木倫子/小学館)

 フレンチレストランを舞台にした佐々木倫子の漫画『Heaven? ご苦楽レストラン』が、石原さとみ主演でドラマ化されることが明らかに。福士蒼汰をはじめとした人気俳優も集結するとあって、「また名作ドラマが生まれそうな予感!」と注目を集めている。

 原作者の佐々木は、『動物のお医者さん』『おたんこナース』『チャンネルはそのまま!』などのヒット作を数多く生み出してきた漫画家。『Heaven?』で描かれるのは、型破りな女性オーナーが経営する超個性派レストラン「ロワン・ディシー」の物語だ。

 フランス料理店に務めていた青年・伊賀観は、真面目なのに営業スマイルが出来ないせいで全く評価されていない。そんな彼を気に入り自分の店にスカウトしたのは、謎の女性・黒須仮名子。「スタッフに必要なのはオリジナリティー」と豪語する仮名子の言葉に心を打たれ、伊賀は彼女の店で働くことを決める。しかし仮名子の店は駅からも繁華街からも遠く、店の窓から見えるのは閑散とした墓地。集められたスタッフも元美容師見習い、元牛丼屋店長、元銀行役員などフレンチ未経験の素人ばかりだった。唯一の経験者として焦りを感じた伊賀は、数日後のオープンに向けて奔走することに―。

 石原が演じる仮名子は、タフで迷いがないポジティブなオーナー。傍若無人でワガママなようにも見えるが、裏表のないまっすぐな発言で人の心を刺激する。仮名子に振り回される伊賀は福士が演じ、レストランの従業員として志尊淳や勝村政信、段田安則、岸部一徳が出演することも発表された。

 原作をチェックした石原は、「これを実写化したらどうなるんだろう、とワクワクざわざわ(笑)しながら一瞬で読み終わりました」とコメント。「その時の気分で本音を言いまくる最高に自由な生物、黒須仮名子をとことん楽しんで演じていきたいと思います」と、ドラマに向けての意気込みも明かしている。

 原作や佐々木のファンからは、「この時代にドラマ化してくれるなんて嬉しすぎる」「石原さんならいい演技をしてくれそう!」「イケメン&渋いキャスト陣も最高」と期待の声が。2019年7月からの放送を楽しみに待っていよう。

■ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」
原作:佐々木倫子
演出:木村ひさし、松木彩、村尾嘉昭
脚本:吉田恵里香
出演:石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳、勝村政信、段田安則、岸部一徳
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/